2015年03月06日

これからのこういう問題は 深刻だ

当医院の患者さんで親父の代から来ていただいている方がいる。
かれこれ50年近くになるようだ。
その方の息子さんもお孫さんも来られている。
親子三代にわたって受診されている。その方が最近、認知症に罹られたと息子さんから聞いた。
あれこれと問題行動が起こっていて当医院にも迷惑をかけていないか聞きに来られた。
何でもマンションの同じ階で一緒に隣同士で住まわれているんだそうだが、夜中に何度も息子さんのところに電話があってこう言われるらしい。
「今日は○○医院に行く日やな」
「オカン今何時やと思ってるんや」
「何時って」
「夜中の3時やで」
「そうか」
こんな具合だ。そして6時にはもうそこの医院の玄関に待っていて
「ピンポ~ンまだ開きませんのか?」
「・・・」
誰も出ないのは当然で、息子にまたまた電話が、
「○○先生ところがまだ開いてない アンタいっぺん電話して」
「今何時やと思ってるんや」
こんな具合だそうだ。
それに息子や孫がシュークリームが好きやからって毎日10個ずつ買って帰って来るそうで、冷蔵庫の中には100個以上のシュークリームが入っていたそうだ。
医者の診断も完全な認知症だそうだ。施設に入れることも考えたがご主人を亡くされてから一人で頑張ってこられたがそろそろ限界ですって息子さんが言われていた。そして当医院にも何か迷惑をかけていませんかって言われてよくよく考えてみた。
そういえば決まってアポイントの2~3時間前に来られて待合室に座られている。この患者さんは総義歯で代診の先生の担当だがその先生が来られる前に来て待っておられる。私が診てもいいんだけれど一応代診の先生の担当だから勝手には診れない。
「先生が来られるまでもう少し待ってください」と受付が言うと、
「いいよいいよ待ってます」こう返される。
時間の観念が少し無くなっていたのかも知れない。
人のことは笑えん、いずれ皆それなりになっていくんだから。

ページの先頭へ