2015年04月27日

仕事とをしたいのも事実、休みたいのも事実・・・

暑い、朝からこの調子なら午後は何をか況やだ。
患者さんも汗を拭き拭き診療室に入ってこられる。
そして診療室に入るなり「涼しくて気持ちいいですね」とおっしゃる。
スタッフも私も最初だけは気持ちがよいですが、このままこの調子でいけば足元から冷えてきて何度もトイレに行くことになる。何度もここで書いたが前面ガラス張りの南向きだ。暑くないはずがない。それでもエアコンの風が直接当たらないところに一時避難しながら治療をしている。
今まで女の子がお茶を出してくれるが、今日は冷茶が出てきた。
飲んだら気持ちがいいがその後で身体全体が汗が噴出してくる。
水分を摂らねば脱水症状が起こるし、飲みすぎると汗が吹き出る。
この繰り返しが10月一杯まで続く。
今週から早い方はGWを取られていて連休が続くようだ。
まぁ私には関係が無いが患者さんの方でもこの時期にしか海外に行けないからと海外旅行に出かけられる方もいる。
逆にこの時期だからのんびりと過ごそうと考えられている方もいる。
私が子供の頃はこんなに祝日が多くは無かった。
それなのに「海の日」があるから「山の日」を作れだとか、考えられない話が堂々とまかり通っている。
休みたければ休めばいい、それこそ有給を使って、しかし今しか仕事が出来ない人はそんなことを言っていられない。
コレもいつも言っている事だが、休みがあればそのしわ寄せが必ずどこかに来る。そのためにも休みが続くのはいかがなものかと思う。
でもそんなことを言っていたら女の子達からどんなにいやな目で見られるか。でも事実だから仕方が無い。
ここぞとばかりには言わないでおくが、何処となくそんな気持ちを察してくださ~い。

ページの先頭へ