2015年05月14日

やっと気がついた この時期の体調を崩す原因が・・・

暑い、とにかく暑い。
今からコレでは真夏はどんなんだろうと恐ろしくなる。
エアコンが入ると涼しくて気持ちがよいが、私の場合直ぐに足に来る。そして体調不良になって熱が出て寝込むか、病院に通院することに毎年なっている。
コレは汗をかいて下着が濡れたままエアコンの元で仕事をするからである。昼休みに下着を変えるようにしているがそれくらいではおっつかないくらい汗をかく。一瞬、多汗症かと思うくらいである。
腋汗でもなく首からの汗でもなく、ほとんどが胸からの汗である。
シャツがほぼ濡れているのが分かるくらいだからきっと絞れば汗が出てくるに違いない。。
そんな汗っかきがエアコンの下で仕事をすれば気化熱で乾いてその後で必ず、風邪をひく。コレが毎年のこの時期のパターンだ。
でもここ2~3年は予防することを覚えた。人は何度も辛い目にあったらそれをいかに防ぐか考えるものだ。
私の場合、まずは下着を着替える。そして水分をあまり摂らない。全く摂らないと言うのではなく、のどが渇けば一口ずつくらい口に含むようにしている。
ガブガブ飲んでも一瞬は気持ちがいいかもしれないが、その後の汗の量がハンパ無い。だから一口ずつ口に含むように飲むようにしている。でも全く飲まないとなると脱水が心配になるのでまぁほどほどにしている。今までは暇でいすに座っている時間が長いのでエアコンの風が直で当たるが、今は何かと診療室の中をチョコチョコと動き回っているから風が直には当たらない。
そんなことにも気がつかないなんて どうかしてるぜ。
実際、暇だったんだろうなぁ。

ページの先頭へ