2015年05月15日

私が院長です

やっと金曜日になった。今週は長く感じた一週間だった。
昨日は昼から急に天気が悪くなってにわか雨になった。
急な雨で傘を持たずに昼食に出てきていた人たちは、昼からの仕事に戻るに戻れず、お店の前で雨が小止みになるのを待っていた。
たまたま昨日は近所のお店で簡単に済ませれたので、早い目に診療所に帰ってきて助かった。
昼からは代診の先生が来られた。義歯を専門にお願いしているので、患者さんのあるときは超忙しい、無いときは全くの暇人だ。
昨日はセットが三人、そのうち総義歯がふたり。
こんな時は焦るんだそうだ。最低30分はかかるから、こちらはその間に他の患者さんを診ることになる。
二人の抜歯と二人の抜髄、一人の形成をしていたら、まだ丁寧に調整をされていた。
ここが男性と女性の違いか。私なら「一度食事に使ってみてください」とかなんかいって、お帰り頂くが、この先生はきっちりと噛み合わせも完全に診てくれている。そこまで行くとこちらも「お願いします」としかいえない。
次の患者さんがいようがいまいが、納得するまで時間をかける。
私の患者さんが一息ついたので、「こちらのチェアーも使ってください」と言って使ってもらった。
やっぱり私には出来ない。ここまで納得いくまで出来るにはすごいことだと思う。少しは見習わないと。
当医院には3台のチェアーがあるが、それを全て代診の先生が独占して使われたことがある。私の患者さんは暫く待ってもらわねばならなくなった。
これではあまりにもご迷惑をかけるので、最近は一台は絶対にあけるようにしている。
それでも「ココ使ってもいいですか?」と言われたら、「ハイどうぞ」と言ってしまう。患者さんから見たらきっとどちらが院長か分からないのではないか。

ページの先頭へ