2015年09月02日

私は幸だったのかもしれない・・・

9月に入れば幾分朝夕は過ごしやすくなったような気がする。
ただ気がするだけで暑いのには変わりは無い。
秋の長雨の様子で天気予報は曇りと傘の印が連日続いている。
昨日も昼休みに食事に行ったとき、お店に入ったとたん雨が降り出した。ものの2~3分でそのぱらぱらの雨が豪雨に変わった。
店から一歩も出れない人で入り口はごった返し、また飛び込みで入ってきた人で入り口は身動きが取れない状態だった。
そんな中で飯を食べた。
食べ終わるのに僅か15分、終わった頃には陽がさして来た。
あの豪雨の中、傘も持たずに走って帰った人には申し訳ないが後10分待てば傘なしで帰れたのに。
そういう私も傘を持たずに来てしまって「しまった」と思った方だが、日ごろの行いのおかげで雨にあわずに帰れた。
もう少しのところでその豪雨にあえば、女の子に傘を持ってきてもらわなければならなかった。
診療所に帰ってパソコンの雨雲レーダーを見たら大阪市内には50ミリのマークの印が付いていた。
コレが50ミリの雨なのかと思った。実際のところは40ミリくらいだったそうだが。ところによっては50ミリになっていたのかもしれない。
しかしその後直ぐに陽がさすような天気には驚いてしまった。
きっとまたどこかで排水が間に合わずとかでマンホールから水が噴水のように噴出したところもあったのかもしれない。
まぁ異常気象は今に始まったことではないのだが。
それにしてもこんなところにも人の幸、不幸が見られるとは。

ページの先頭へ