2015年10月07日

いかがなものか

朝方と昼間の寒暖の差があって風邪を引く人が多くなってきた。
我々にとって風邪による咳は天敵だ。
バキュームをするにも気を使う。何度も起き上がってもらって口を濯いで貰ったり長くは口を開けれないので何度もチェアーを起こすことになる。
咳だけならいいが、風邪による鼻詰まりも困ったものだ。鼻呼吸が出来ないからこれまた何度も起き上がって嗽をしてもらう。
暑くも無く寒くも無い絶好の気候だがなぜか患者さんの中には花粉症が多くなってきた。くしゃみや咳が止まらないという患者さんが何人かいる。
一年で一番よい気候と言う事は仕事に趣味に大いに時間を有効活用しないと勿体無い。
今年は台風の影響が多くて、猛暑は感覚的には僅かな期間だったように思う。今年は「水」と言うワードがあちらこちらに出てきたように思う。
50年に一度の云々、観測を始めて最高の云々、益々こんなことがこれからは出てくるんだろう。
亜熱帯地方の気温で尚且つスコールと言っていいほどの豪雨、竜巻や雷、こんな異常気象は気をつけていても襲ってくる。
いつも言っているように日ごろからの備えが大事になってくる。
確か9月1日は防災の日だったはずだ。年に一度の防災の日より、毎月1日は防災を考える日にしてはどうか。
年に一度より毎月一度の方が絶対に防災意識は皆に根付くような気がする。 いかがなものか?

ページの先頭へ