2015年10月09日

ウサギとカメということか・・・

今週末もお天気は良いらしい。
山の方ではダンジリ祭りもあり、子供たちの運動会もあちらこちらであるみたいだ。
せっかくの運動会も曇りや雨では可哀相で晴れで思いっきり運動して欲しいものだ。
季節はもう秋だ。食べ物の美味しい季節だ。またまた体重を気にしないといけなくなりそうだ。
こうなると何かほかの事に興味を持っていき、食欲を忘れさせる何かが必要になる。しかしやっぱり食欲には勝てない。
去年は釣りに行ったときにもお弁当持参だったし、嘗ては釣り場で釣りをしながらバーベキューもした。
釣りがメインかバーベキューがメインか分からなかった。
やっぱりこの季節外で食べるご飯は美味しい。食欲も進み益々太ることを気にしないといけなくなる。
巷では何でも「結果にコミット」するとかのコマーシャルで二ヶ月で○○キロ痩せるとかうたった広告がある。
実際に痩せた姿を映像で見せているからコレなら出来ると錯覚させられている。
実際に行った連れが居るが並大抵ではないらしい。
きっちりとウエートトレーニングさせられてインターバルもなかなか取れずにハードなトレーニングらしい。
そいつ曰く、「そこまでやったら絶対に痩せるわ」と言うくらい管理が徹底しているとか。毎食、写メで食べるものをトレーナーに送信して、コレは食べても大丈夫、コレは食べてはダメの指示があるらしい。せっかくの美味しい食事もコレでは美味しくなくなってしまう。と言っていた。
私はまず無理だ。食事が生きがいだからだ。
それに後でサプリメントを飲むらしいが、コレがまた高価なものらしい。
結局、高いお金を払って一時痩せた思いをして、リバウンドを気にするくらいならどうかと思う。
当医院の患者さんできっちりダイエットに成功した患者さんが居る。話を聞いてみたらごく当たり前の方法だったのを教えてもらった。
それは生活はそのまま、食べるものも飲むものもそのまま、では何故痩せたか?その方が言っていたことだが、何でも1割少なくすればいいと言うことだけ。
どうするか?今までの食事も酒もタバコも全て1割残すだけだとか。
これで全てが1割減るらしい。ただ1年かけてである。
慌てて結果を出すのではなくて、この1年かけてというのがミソらしい。直ぐに結果を求めるのが我々の悪い癖。そこはぐっとこらえて1年計画を立ててやせることにすればよいとのこと。
ただ気が短い私にそんなことが出来るだろうか?些か疑問だ。

ページの先頭へ