2015年10月23日

こりゃ ダメだわ・・・

昨日また一つ残念なニュースが飛び込んできた。
最近の行きつけのお店が今月一杯で閉店することになったらしい。
週に2~3度は昼食に訪れるお店だった。
ランチメニューはさほど多くは無かったが(4種類の中から選ぶ)、最後にドリンクが付いて来るので、わざわざ喫茶店に行かなくても済むので便利だった。
昼食時は満員で店の前に行列が出来たこともあった。
しかしランチは一杯でも夜の方はと言うとなかなか難しかったみたいだ。ランチのお客さんがそのまま夜のお客さんになるとは限らない。そこに苦労があるんだろう。
前にも書いたが、当医院の患者さんのお店はお寿司屋さん。
ランチ営業を格安にしてお客さんに来てもらおうと思った目論みは、確かにランチでは成功したみたいだったが、夜の方はと言えば昼にお寿司を食べた人は夜にお寿司は食べないと言うこと。
連続でお寿司はきついのかもしれない。
それにカウンターのお店だから回転すしのお店が回りに出来てお客さんの数も減ったとか。
確かに一皿いくらの均一料金には勝てないかもしれない。
いくらネタが違うと言ってもカウンターのお店は敷居が高いらしい。
気軽に入れて皿の数を数えたら値段が分かる方がお客さんにとってはいいらしい。
嘗て当医院のお客さんがこう言っていた。
「先生、カウンターのお店と回転すしのお店で同じものを食べ比べたんですよ」
「それで」
「二日続けて同じネタを6皿づつ食べたんですよ」
「それで」
「値段が全然違うんですよ」
「いくらやったんですか」
「回転すしの方は6皿で840円でした」
「もう一つの方は?」
「カウンターのお店の方は同じネタで6皿で1050円」
「・・・」
「全然違うでしょ」
「何を食べたんですか?」
「たまご2皿、ゲソ2皿、軍艦巻き、巻き寿司」
「これだけですか?」
「基本お魚は苦手なんで」
「きっとカウンターの店の大将思ったでしょうね」
「何をですか?」
「もっと値のはるモノを食べてくださいって」

ページの先頭へ