2015年11月17日

人はそれぞれ 生き方もそれぞれ・・・

最近私の周りである現象が起こっている。
そのある現象と言うのは、今までトゲトゲしかった奴らが何故だか丸くなってきたことだ。
もっと早くにそうなればよかった奴らだが、ここ最近急に人の話も聞くようになったし、反対意見をあまり言わなくなった。
本来そういうことをしなかった連中だったからその他の連中も気味悪く感じていたと言う。
人は歳をとれば丸くなるとは言われるがこいつらに限っては絶対に無いと思っていただけに気味が悪い。
先日も同級生の誰々が定年退職するが祝賀会でもするか?なんて話になった時、以前なら「そんなんだれでも定年はやってくるし、いちいちやっていたら限が無い」そう言っていた連中のである。
我々は勿論定年退職なんて無い。それに退職金もない。
大手企業に働いている連中ならまだしも、中小企業に働く連中なんか話を聞いたら大手の半分以下だそうだ。
それでも無いよりマシだ。家のローンもまだ残っているが口癖の奴は「これからどう切り詰めようか」とか子供がまだ大学生の奴はあと何年お金がかかるかとか、そんな話ばかりが最近増えてきた。
昔は奨学金なんて制度もあったりしたが、最近ではその支払いも滞っているとか。その支払いのためにお金が貯まらず結婚すら出来ないと言う話もあった。
昔は「悠々自適」なんて言葉があったが最近では死語になりつつあるように思う。
連れの親父は、定年退職後は好きなゴルフ三昧だといって、そのゴルフ場の近くに家を建てた。しかしそこに住む前に病気で亡くなった。定年を延長しても正社員から嘱託社員になったら働けても給料が思いのほか減らされて予定が狂ったといっていた奴もいる。
誰が今のこんな不安な世の中を想像していただろう。
歯科医師過剰と言われ続けてもう何年にもなる。
年金でもくれるなら、それもそこそこくれるなら私などいの一番に手を上げてリタイアするのにって言ったら、周りの連中からこういわれた。
「オマエから仕事を取ったら何にも残らん」とか
「仕事以外のことを何にも分からん奴が何が出来るねん」とか
散々好きなことを言われ続けているが、これからのやりたいことは誰にも言っていないからきっと知れば驚くに違いない。
ここから先は追々と・・・

ページの先頭へ