2015年11月24日

今回の選挙の思いを言いたい

三連休の方も多く居たのではないでしょうか。
大阪は知事と市長の同時選挙がありました。
結果は皆さんもうご存知だと思います。半年ほど前にも大阪では「都構想」の是非を問う選挙があったばかりです。そのときはほんの僅かですが都構想反対派が勝ちました。
そして今度は僅かの差ではなく大差で都構想賛成派が勝ちました。
大阪市民の大半は何かやってくれるのではないか、やってもらわないと困る、そう思っていたのではないでしょうか。
今の政権与党も自民党では新しい改革はどうでしょう?出来ますか?既得権益云々、何もかもがんじがらめになっていて、なかなか改革のできる状態ではないのではないでしょうか。
改革派はだから既得権益云々では何も出来ないと言っていましたが、新しく始めるに当たっては海のものとも山のものとも分からず有権者は迷っていたはずです。
該当のインタビューでは大阪の有権者はこうも言っていました。
「一度やらせればいい、出来なければ二度とあそこの党には入れないから」
大阪らしい発想だと思いました。今までの壁をぶち破ると言うのは大変なエネルギーが必要です。出来ないことをぶち上げていかにも自分たちには出来ると思い込んでいるだけでは何も前に進みません。「やってみなはれ」の気持ちは誰にもあります。しかし失敗を恐れていたのでは何も前には進みません。ここは結果が出たい上民主主義の選挙で信託されたからには、どれだけできるかはわかりませんが有権者が「よくやっているな」と思えるならば今回反対派が次回の賛成派に変わることもあるのではないでしょうか。
だから今回の選挙結果から自民党でも公明党でも共産党でも民主党でもその他の支持政党の人も何人かは自分の意思で反対の方に入れた人が何人も出ているのが現状です。
国民、市民はバカではありません。政治に無関心と言われる昨今、しかし良識ある有権者ならば自分の意思で大事な一票を託すことを忘れたりしませんから。

ページの先頭へ