2015年12月21日

たまには自分で作れって言われそうで・・・

久々の雨の朝、道には街路樹の落ち葉が敷き詰められていた。
今週は天皇誕生日の祝日があったり、クリスマスイブがあったり、忙しい一週間になりそうだ。忙しいと言えば土曜日の患者さん(急患)が忘年会で酔っ払って転倒して前歯の6本ブリッジが壊れてしまってどこへ行ったかがわからないと言って駆け込んでこられた。
朝一の患者さんだったが、口の周りにはまだ血の跡がついているし、歯茎は腫れたままだし、交通事故の患者かとと思うほどだった。
でもこの土曜日はアポももう一杯でどこにも入る余地は無い状態だったから、午前中には何とか仮歯でも作りますといって暫く待ってもらった。
本当のところは時間一杯で無理だといって救急にまわそうとしたが、あまりの悲惨な状態でついつい診る事になってしまった。
初めは口腔内の印象をして模型からテックを作るつもりでいたが、思い切って一気に口腔内で作ることにした。
格好をどうのこうのと言っていられないのは患者さん自身が分かっていても、あまり格好の悪いのは作れない。いつもは事前に技工所に作っていてもらうからそんなに苦労は無いが、いきなりその場で作るとなると一本ならまだしも6本ブリッジとなるとなかなかの仕事だ。十分時間をかけないと患者さんと患者さんの合間になんかできない。そこで午前診最後の患者さんが終わってから十分時間をかけてやりますからそれまでお待ちくださいと言ったら、患者さんの方も安心したのか、文句も言わずに時間待ちをしてくれた。
難なくことは進んで患者さんの方も納得してもらえたので一安心。
しかし事故の後の状態だから無理は禁物。今日消毒に来られる予定だからそれまで持ってくれるかが心配。
日ごろから自分自身でやれるところはやっておかないと、いざと言うときにこんなに心配しないといけない。

ページの先頭へ