2016年01月13日

今年の新しい取り組み その2

今まではその日に届いた手紙や封書は机の上のラックに入れておいて時間のあるときに見るようにしていた。
大事な書類は即開封するが、DMやその他のはなかなかすぐには開封しないでいた。
そうするとどんどん溜まる、そしてその上にまた新しい郵便物が溜まるの繰り返しで、下のほうにあったのはつい見落としてしまうことがあった。
今年はそれを無くす様にしようと、当たり前だがその日に来たのはその日のうちに開封して、いる、いらないを即決めてしまおうと思って、いらないのはまとめてシュレッダーにかけるのではなく、開封、即、決断、そして即シュレッダーに入れようと思った。
そうすることで目の前の郵便物入れのラックには郵便がたまらなくなった。
たったコレだけのことが、今までなかなか出来なかった。
それを今年はやってみようと新しい取り組みに加えた。
まだ1週間だが目の前のラックは必要な書類のみ、今までのようなDMも無い。こんなことならもっと早くやっておけば良かったと後悔している。でもまだ1週間だから大きなことは言えない。
せめて1ヶ月続けば胸を張っていえるのだろうが。
そのほかにもいくつか今年からやってみようとする試みがあるが、それはまた後ほど。
大きな意味での「断舎離」に繋がっていくのかもしれない。

ページの先頭へ