2016年04月18日

一日も早く心安らぐ日常に戻れるように・・・

毎日、心配なニュースが続いています。今回の地震で被災された方々には一日も早い元気な姿を取り戻してほしいと願っております。
しかし口で言うのは簡単ですが。人の命がいとも容易く亡くなるなんて日頃から防災に注意を払っていても同じじゃないかと言う方もいらっしゃるそうですが、それは大きな間違いです。今回の地震でも避難所から一時帰宅をされた方が二次的に被害に合うと言う痛ましい事故が幾つもあったそうです。
一度の揺れで地盤も弱く、基礎も弱っているところに同程度の地震が来ればひとたまりもありません。地震速報や地震警報でスマホや携帯が鳴っていても段々とその音に対しても気にしなくなるのは怖い事です。
これは個人差にもよるでしょうが今回の地震でも近所付き合いの大切さが浮き彫りになりました。現代のように近所付き合いが希薄であれば、お隣にだれが住んでいるのか分らず、家屋が倒壊しても何人そこにいるのかさえも把握できないのが残念でなりません。物資も集まるところには集まってそこの住民でしか受け取れないなんてあまりにも縦割りな行政にも憤りを感じます。
今回も東日本の大震災を思い起こせますがお互いに助け合う姿が日本人の真の姿ではないでしょうか。
外国のメディアがこうも言っていたのを思い出します。
こんな大災害にあっても日本人は秩序を守りお互いを助け合いするところに日本人のすごさを感じるとか。
ただ一部の地域ではそれこそ火事場泥棒的な空き巣や不埒なバカ者がいるのも事実です。それこそ帳尻は合うと言うことです。
天知る、地知る、我知るでしょうか。

ページの先頭へ