2016年04月19日

困難は続くが 克服できないことはない

またまた震災報道でマスコミの不手際がクローズアップされた。
某放送局の車の給油所への横入りだ。皆が順番に並んでいるのに横道に入ってUターンしての横入りだった。またある局のアナウンサーは震災で疲労している人に心無い言葉を投げかけてツイッターで炎上したとか。
今はこの大事な時期にそんなくだらないことにいちいち付き合う気はないが、どうもマスコミってところは「報道が命」ってことを何だかはき違えているように思う。
確かに報道することによって多くの国民に知らせる事の重要性はあるが、何だか自分たちは特別な存在で何をしても許されると勘違いしているのではないか。
自宅が全壊した家族にも、身内を亡くした家族にも見ていてもう少し配慮があればと思うことが多々あった。しかし見る側にも言っておきたいこともある。
批判するのお自由、ツイッターで書き込みをするのも自由。しかし言ったら、書いたらそれでいいかと言えばそうではない。「責任」と言うものがそこには発生することを忘れてはならない。
タレントや著名人が野球選手やゴルファーが支援を表明してくれたことには有難く応援させてもらおうと思っているが、そんな中売名行為だとか言うバカげた批判する人も中にはいる。何もしないで批判ばかりするのではなく、今は何物にもまして緊急物資の輸送が大事だと思う。
何が必要で、いくら足りないか。あるテレビで活躍している人は自費でヘリを飛ばして緊急物資を運ぶとか。口だけでああだこうだと言う人よりは売名行為だとか言う人よりは、今現在困っている人にとっては売名だろうがなんだっていいはずだ。きっとまたゴールデンウィークには多くのボランティアが現地に行くだろう。行くのはいいが迷惑にならないように活動してほしい。
体が動かせれる人は体で、頭を使えるん人は頭で、お金を使える人はお金で支援すればいいと思う。
何が出来るか、いつできるか、そしてもし自分に今回のような事態が降りかかってきたときにはいかに対処するか、人と人とのつながりをいかに大事にしていくかを再確認させられた思いがした。

ページの先頭へ