2016年04月21日

今やらねば いつやる

日に日にあちらこちらから震災への「頑張ろう熊本」の機運が高まってきました。
阪神淡路大震災から東日本大震災へ、そして今回の熊本地震。いつも言っているように日本はどこで地震が起こっても不思議でない国です。防災意識を持って臨まなければいけません。
ただ嬉しいことに、有難いことに日本人として痛みを共有しようとする気持ちを持つ人がいかに多いか。ボランティアにしても義援金、寄付金にしても多くの協力者がいることを誇りに思います。ただ一部の人がこれに乗じて悪いことを企んでいるとかいないとか、同じ日本人として恥ずべきことです。
阪神淡路大震災の時コンビニで倍の値段で売っていて批判を浴びたり、一部で買占めが起こったりする中、逆にただで提供したり困った時はお互いさまとお金を取らずにいたお店もあったとか。東日本大震災の時も帰宅困難者が歩いて帰るとこにトイレを貸してくれたり、温かい飲み物を提供してくれたり、どれだけ心強かったことでしょう。その時も「今だ捨てたものではない」と思ったものでした。
今回の事で強く思ったのはやはり「防災についての意識」だと思いました。
日頃から思い続ける事なんか出来なくても、たまには非常食に確認、非常用持ち出し袋の確認を怠らなければ、しかしそれでも災害はやってきます。
自分の身は自分で守るが原則でも、人さんにお世話になることもあるでしょう。
その時は「お互い様」の気持ちで助け合いましょう。
今回は前回の震災の時のように買占めは数が少なくなったと聞いていますが、中には同じようにモノを買い占めている人も中にはいるそうです。
今回も何が自分に出来るか、何をやればお手伝いできるか考え中です。
でも毎回思うことですが善意の品物を隅々までいきわたらせると言うことがいかに大変なことか、ボランティアの力がいかに役立つか。それを知らしめるGWになりそうです。

ページの先頭へ