2016年04月25日

まだまだ捨てたものではありませんよ この国は・・・

一時より余震の報道は少なくなった気がしますが、この土日にも多くのボランティアが熊本入りしたみたいです。
阪神淡路大震災や東日本大震災を経験してもなお自分に何が出来るか、何かボランティア活動に参加できないかと考えている方がいかに多いかがわかります。
しかしそれを受け入れる側の体制が不十分で上手く機能していないことも浮き彫りになってきました。タレントや芸能人で名前を隠してもすぐにSNSやツイッターで拡散されたり、一部の心無い人たちから売名行為だとか横槍を入れられたり、それだったら文句を言う前にお前が何かしらやってみろと言いたい気分です。
毎回言いますが困った時はお互い様、困っている人を助けるのに何で売名行為などと言うのかわかりません。しないよりは売名であっても困っている人には大いに助かるからです。文句を言うのならちゃんとこういう行為はどこが売名で何がいけないのかちゃんと自分の実名を出して反論すればいいのです。
自分は実名も出さずに言うだけでは卑怯な行為そのものです。ある人は本当はこの人たちも自分が何か出来ないか試行錯誤しているに違いないとか言いますが、私はそうは思いません。名前が出ようが出まいがやるかやらないかが大事だと思います。やりもしないのにやっている人をどうこう言うのは止めていただきたい。
お金がある人はお金で、体が空いている人は体で、答えてあげればいいのです。
これからGWが始まります、是非ともみんなの力を結集して一刻も早い復興を目指そうではありませんか。

ページの先頭へ