2016年06月13日

掘り出し物を発見 中身ではなく外身のことで~す

今朝は雨模様、梅雨には入ったがカラ梅雨だったがこんな天気が梅雨には似合うようだ。ムシムシしてジトッと汗をかく、そのままにしていたがそれで風邪をひく、毎年のパターンだ。
昨日は少しの雨の降り始めに久しぶりに車で出かけた。大阪の南の方にある国華園という花や苗木や観葉植物の多く置いてある大型の園芸店だ。
園芸店と言っても店というよりは端から端までどれくらいあるだろう、計ったことは無いが車で移動しないといけないくらいの大きさの所だ。
市内に住んでいる私などは観葉植物や盆栽や切り花の所がメインだが、多くの人はきっと郊外の一軒家だろうか、庭に芝生を植えるのだろうか軽トラック一杯の芝生を購入したり、同じように大型の芝刈り機を購入したり、そんな家がまだあるんだと思うと手入れの心配を勝手にしてしまった。
そんな中、お目当ての「クワズイモ」はあるにはあったが形がイマイチ。
大きさも思ったほどではなかったから今回はぐっと買いたいのを堪えた。
その代わり、気に入った盆栽を見つけてしまった。枝振り、葉ぶりはそこそこだったが、なんとその器に惚れてしまった。幾つもある中でこの器はきっと素人が植えたんだろうと思う植え方だったが幾つも見ている私が見てもきっと上物の器に違いないと思って即、購入したくらいだ。
いくつかある家の盆栽の植え替えようにはちょうどいい。ひょっとしたら誰かが間違えてあったのを植えたんだと思う。中身の盆栽よりはるかに高い値がつく器だろうと推測される。自分の目利きが間違っていたら笑いものになるかもしれないが、骨董店で掘り出し物を見つけた時と同じ感じだった。
今度、家の盆栽を植え替えるときによ~く見てみようと思うがあれは間違いなく名品だと思う。もしかしたら持っている器の中での最高級品かもしれない。
調べるのはちょっと怖い気がしているが、怖いもの見たさでいつか調べてみることにしよう。

ページの先頭へ