2016年07月08日

もうじき「ガラスマ」になる日も近いのかもしれない・・・

台風の影響なのか朝から雨模様だ。
そんなにきつい雨ではないが傘が手放せない雨だ。
本体は台湾にあっても雨雲の端っこが近畿地方にかかっている様子がお得意の雨雲レーダーにはきっちりと映っていた。
最近はこのように天気予報も確実に進歩してきて、雨雲の位置もその予想降水量もスマホで見れるから非常に便利だ。
私がスマホに替えて2か月経とうとしているが、唯一使えるアプリがこの雨雲レーダーだけだ。履歴を見ても発信、着信、メール、とこの雨雲レーダーの履歴だけ。よくスマホは電池?をよく食うと言われるが、一日使っても100%からよくいって90%くらいしか減らない。それをすぐに充電するのですぐに100%に戻ってしまう。よく当医院の女の子たちは最初は「充電してもいいですか?」とか聞いてきたが、そんなに減るものだとばかり思っていた。
女の子にそのことを聞いてみたら、「最初だからじゃないですか」とか「そのうち減ってきますよ」とか言われるばかりだったが、よくよく考えてみたら女の子たちは暇さえあればスマホを弄っているのをよく見かける。
患者さんのいない時はスタッフルームでいじることはあるかもしれないが、もちろん仕事中のスマホはNGだし、そんな暇はないはずだ。
考えてみたら一度ラインとやらをしようと思ったが結局できなかった。
当然仕事中はわたしも電話にも出れないし、メールが来てもすぐには返せない。
患者さんの無い時は電話にも出るしメールも返すが、そんな暇はない。
忙しいからではなくて、未だにこの機能をよく理解していないからにすぎない。
今どきの若い子のようにすぐに使いこなせないでいる私は、最近になって昔のガラケーの方が使い勝手が良かったと考えるようになった。
ただスマホについているPCの機能は便利だと思うが、それを使いこなせるまではまだまだ時間が必要だと思うようになってきた。
それこそ私にとっては「ガラケー」から「ガラスマ」にいつなるやもしれない。

ページの先頭へ