2016年09月28日

昨日の続きで~す

昨日はまた夏に逆戻りしたような蒸し暑さが襲ってきた。
今週末はもう10月だと言うのに。当然診療所内はエアコンが入っているが、行き帰りの車の中も、家に帰ってからのリビングも当然入っている。
あまり一定の温度で快適に思うが、温度変化がないとエアコンの入っている部屋以外では直ぐに汗が噴き出してくる。体調管理には気を付けたいものだ。
それにしても今年の夏は雨が異常に多かった。夏の初めは関東地方のダムで取水制限云々とかテレビでも言われていたが、今度は一遍放水しないと危険な状態になっているとか。
自然と言うのは「丁度良い」がなかなか無いようだ。
昔は夏の暑さは水を打って夕涼み。窓など締め切ることが無かった。
路地があって涼しい風が夕方などには吹いていた。
夕飯の匂いもその風に乗って、どこどこの家は今日は何だとか直ぐに分かった。
今は夏場に窓を開けることは無いと言っていいだろう。エアコンが各部屋にあって室外機の熱い空気が渦巻いている。だから余計に気温が上がる。
我が家のベランダは西向きだが、そこには大きなマンションが建っている。そして南向きの窓の横にはエアコンの室外機がモザイク模様のように一斉に窓の横に備え付けられている。遠目に見たら幾何学模様のようで綺麗に見えるかもしれないが、その窓の横に付けられている室外機からの送風は熱風に近い。
当家とお隣さんの間の路地のような間をその熱風が通って行く。お隣さんはそこに洗濯物の干場があってあっという間に洗濯物が乾くと言う。
そこのマンションが建つと言う時に近所で一悶着があった。単身赴任のワンルームマンションを建築するとか、そんな噂がったたことがあったが、環境が悪くなるとか高層建築で陽が当たらなくなるとか。しかしそれが建ったおかげで今まで暗かった夜道に街灯がつけられたり、昔はよく近所でひったくりがあって薄暗い学校のフェンスの所に警察の車が停まっていたものだった。
しかしマンションが出来たおかげでそんな心配は皆無になった。誰がそこのマンション建築に反対していたんだろう、返って明るくなって、安心して人が通れるようになった。ただ、夜は少しは煩くはなったが。
よく近所に幼稚園や保育園が出来たら環境が悪くなって住みにくくなるとか時々テレビでも言われるが、ちゃんと住民との説明がなされればかえってよくなるケースもある。でもそれはたまたまだと言われるケースなのかもしれない。
(ヒント2)メーカーのチームカラーはオレンジです。

ページの先頭へ