2016年11月04日

文化祭の思い出と言えば・・・

昨日は文化の日で祝日だった。大学や高校でも大学祭や文化祭の開催が多い日でもあった。
前にも書いたが大学祭で6回生は揃いの法被を着て朝から酒浸りで大学周辺を練り歩くのが本校の恒例行事になっていた。この日ばかりは駅前から本校の正門の前まで交通規制が出来、警察にお願いしての盛大な学園祭だった。
今まで6年間もあまり喋ることもなかった同級生たちとも打ち解け、意外な一面を見ることが出来た奴もいた。酒が入り無口で不愛想な奴が正反対なくらい饒舌になったりと、意外な一面を見ることが出来た。
高校の時の文化祭では所属していたESSで英語劇をやって拍手喝采。
同級生が同じクラブでいたが、そいつは今母校の教頭になっているらしい。
こいつがなったら行く末を案じざるを得ないとか、陰口をたたかれながらもなんとか職責を全うしているらしい。問題を起こすとしたらこいつしかいないと誰もが思っていたが今のところは何とかやっていけているらしい。
先輩に松竹の役者さんが居て、その方に衣裳やら立ち回りの稽古をおしえてもらったりしたのを覚えている。
英語劇なんですべてが英語で進行していて、私とその教頭をやっている奴とでチェックをしたのを思い出す。
男子校だったので文化祭には女子は家族親戚のみというバカな決まりがあって、何人もの兄弟や、従弟親戚を俄かに作ったりした。
男子校の文化祭ほどつまらないものは無かった。同じように女子高の文化祭はこれまたつまらないかと言えばそうではなく、結構楽しかったと当医院の女の子たちは言っていた。
そんなことを思い出させるこの時期の文化祭、時間があったら一度覗いてみたいようだが、お孫さんのですか?と言われるのが嫌でなかなか実現できていない。
そうだ、昨日連れと昼飯を食べに行ったところで「シルバー割引」なるものがあって60歳以上は一割引きになっていた。初めは嫌だとか言っていた我々だったが一割は大きかった。食べ放題に行ったのでそのままドリンクバーが無料になった。これは有難いと次回もここで飯食いをしようと固く誓ったオヤジたちだった。

ページの先頭へ