2017年08月28日

同業として情けないわ もっとしっかりせい!!!

今年から大阪市内の小学校は例年より1週間早い始業だそうだ。
嘗てゆとり教育などと偉い先生たちが推奨していたのはいったい何だったんだろうか?我々の子供時代は詰め込み式が批判され、それでもアジアの中では断トツの1位だったはずが年々その学力が他の国に抜かれていくと言う辛酸をなめてきた。どこかの誰かさんじゃないけれど2番じゃダメなんですかどころではない。
教育の質も学生の質も落ちてきたと言わざるを得ない。成績が良くなければ云々と言うバカな政治家もいるが普通に勉強していて悔しくは無いのだろうか。
ゆとり教育を推奨していた先生たちの子はその間一生懸命勉強して良い高校、良い大学に入りそのままを鵜呑みにしていた人がバカを見ている今の現状は如何なものか。
ある人が言っていたが、子供が先生を尊敬し敬う心が無いとその先生から何も得られなく悲惨な将来が待っているとか。またたとえ少しでも先生を尊敬し敬う心を持った子はそこから何かを学び自分に活かせることができると。
全くその通りだと思う。先生と言う存在は何も学校に限らず我々も先生と呼ばれるし弁護士も税理士も国家資格を持ったものが先生と呼ばれる価値がある。
忘れていましたが議員さんも先生と呼ばれていますが、世間では最近の不倫云々、政務活動費疑惑、我々の税金で活動してくれるはずが私服を肥やすバカな先生もいます。だからいつの間にかこの先生と呼ばれる人たちが一緒に思われることに違和感を覚えるようになりました。
社長も同じで大企業であれ中小企業であれ代表取締を社長と呼ぶ。
我々もたまに「社長」と呼ばれることもある。それは夜な夜な飲み屋街をうろついている時に「よっ、社長,如何ですか?」とか。呼ばれてもあまり良い気はしなかったのを思い出します。でも先生、先生の安売りもこの社長の安売り同様威厳のある先生や社長が少なくなったことにも関係があるんだろうか。
昨日も最近話題のなった先生がニュースに出ていた。この人は議員さんでもあり歯科医師でもあるいわばダブル先生様だ。あんなニュースを見せられたら先生が泣くぞ、という世間様の御叱りが聞こえてきそうだ。もっとしっかりせい!!

ページの先頭へ