2017年12月04日

同い年だがこんな大人になりたいと思う

昨日、神戸の街に久しぶりに行って来た。
ルミナリエの準備も順調に行われている様子で、多くの人が気に来るんだろうと思われた。12月8日(金)から12月17日(日)まで開催される。
しかしあれは夜に見るもので昼間に見たってただの電飾の看板みたいで少々幻滅した。あれが夜になるとLEDの光がこの世のものとも思われないほどに輝いているのには驚かされる。約30万球のLEDが色とりどりに輝く姿は壮観だ。
今週の金曜日からだが見に行く予定はない。人込みが嫌い、待つことが出来ない、その他諸々行かないと言う理由は大いにある。
帰りにいつも寄る六甲の鞄屋さんに行って年末最後になるかもしれないので挨拶がてら立ち寄った。その時先客が居て暫く店の中をウロウロとしていた。どこか素敵なレディーの方で初めは気が付かなかったが声を聴いて??と思った。
ラジオパーソナリティーで活躍された女性DJの草分け小山乃里子さんだった。
何十年前にラジオから聞いた声が私の頭の中のカレンダーを逆にクルクルと回していった。そこの鞄屋さんのママさんは関東の方、関西地方へは結婚を機に来られたのでこの方がどれくらいすごい方かは知らなかったと言っていた。
何処か芸能人のオーラが出ていて、一緒に連れてこられていたワンちゃんもどこか上品?六甲に住んでいると言うだけで上品に思えるのは私だけだろうか。
少しのお喋りでしか話せなかったがさすがいろんなワードがポンポンと出て来るのには年齢を感じさせない何かがあるように思えた。
修理の鞄の話をついつい忘れそうになるのを堪え乍ら大体の日取りを聞いておいた。いくつかそこの鞄を持っているが気に入ったのは修理しながら使い続けている。マスターは私と同い年、趣味人で本職は鞄屋なのにハット、時計、万年筆、カメラ、車と数えだしたらきりがない。職業柄よく買い出しにヨーロッパに行かれるがそのたびに何かしら一回りも二回りも大きくなって帰って来られる。
そんな旅の話を聞くのも楽しみの一つだし、一度使ったら嵌ってしまう鞄の数々。だから大事に使うし少々の修理で直せるのは必ず直してくれる。
ここに来るたびに仕事の本質は何かを学ぶことが出来る。
仕事に愛情を持ち趣味に愛情を持ち一日24時間を謳歌している姿には感服せざるを得ない。こんな大人になりたいと思う姿がここのご主人にはある。

ページの先頭へ