2018年02月01日

昨夜の満月はどうでしたか・・・

昨日の皆既月食見た方も多いと思います。天気予報は曇りだったのであまり期待しなかったのに夜空を見上げれば満月。こりゃまたどうした天気予報は最近よく当たると言う定説が覆されたかのような綺麗な満月。こりゃ幸先が良いと思っていたのにちょうど欠けかけの頃にはお風呂タイム。きっちり欠けはじめは見ることが出来なかった。前日の天気予報では北海道の一部が晴れるとか、そのほかの地域は曇り空と言い切っていたのに、コレは嬉しい誤算。間違ってもこの逆ならば大いなるブーイングになっていたことだろう。
この歳になったら今まで何度か月食も日食も経験したが昔ほど感動もしなくなったし「ああ、月が欠けているな」位の感じしか思わなかった。
ニュースでは子供が望遠鏡を見ながら「感動した」と言っている姿に。大人としては一部恥ずかしい気持ちになってしまった。テレビだからやらされている部分もあろうが、小学生くらいの子供が「感動した」と言うのには此方の方が月食よりも驚かされた。そう思う大人にはなりたくないと思ったがやはりついつい思ってしまう。今の子はこんなことでも感動するのかと。
今から何百年もいや何千年も前にも日食、月食はあったはずだ。それこそ卑弥呼の時代にもし日食、月食があったならそれこそ天変地異だとか何か悪い事が起こる前兆だとか騒いだのだろうか。
しかし満月の時の潮の満ち引きが影響する様々なことが起こると言われている。
昨日の交通事故は多分?多かったのかもしれない。日頃は何気ない日常でも満月の時は何かが起こると言われているではありませんか。狼男が出現するとか。
又こんな事も言われています。人の生き死にも潮の満ち引きに左右されるとか。
私の周りには狼男は出現しなかったと思いますが、今さらなんですが現役を引退した狼男はここに居ます。

ページの先頭へ