2018年06月20日

世の中にはこんな奴らもいる

昨夜からの雨は今朝がた一時期強い雨に変わって今回の地震の被害に合われた地域にも降っていた。雨雲レーダーは残酷なものだ。
そこの地域だけ色の濃い赤色で市内はそこまで降ってはいなかった。地方に居る同級生が心配してメールをくれるが、先週は近火見舞いで、今回は地震見舞いだった。誰でも震度6弱と言えば何かしら被害があると思うのが普通で建物の被害は?とか道路は大丈夫か?とか有難い心配をしてくれる。
しかし乍らここは都会だし、鉄筋コンクリートの大型ビルが立ち並ぶ地域、田舎の木造茅葺?とはわけが違うと冗談半分で言ってやったが、テレビニュースで水道管の破裂、煙突の倒壊などが映し出されていれば誰でも心配はしてくれる。しかし有難いことにこの通りぴんぴんしている。ただ地域によっては一時、水や非常食やその他の地震関連で必要なものが品薄になったとか。東日本の時も阪神淡路の時も一時期電池や水が品薄になったのは記憶に新しい。
しかし必要以上に日頃からの備えがあれば大丈夫。
ガスも水道も止まっている地域が大阪にはまだある。
大阪と言えど市内と郊外とは様子が違う。物資の数も一時減ったと言えど直ぐに集まるのが都会の良いところ。ライフラインも今朝のニュースでは水道管の破裂個所もすでに修理交換して尚且つ道路もアスファルトで舗装してあるではないか。こんな動画がまた海外では「アメィジング」とか「わが国なら何か月かかるか」とかのSNS
で発信されるだろう。それだけ災害の多いわが国では常に何かあった時の事は考えておかないといけないと言うことだろう。
一日も早い復興、復旧を願いたいものだ。ただ不安を煽る様な投稿も見られる、いつも思うことだがそんな事をして何が面白いんだろうとも思ってしまう。天に唾する行為は必ずや己に帰って来ることが分らないんだろうか。分らないからやってしまうんだろうけどね。止めようよそんなつまらないことは。口先だけで言っても分らないモノには何かしら自分に返って来て初めて分るんだろう。

ページの先頭へ