2018年06月25日

頑張れ日本!

大阪地震からちょうど1週間経った。
先週の今日にあの震度6弱がココ北区を襲った。
初めて経験する揺れ、阪神淡路の時よりも強烈だった。
しかし日本と言う国は改めてすごいと思った。コレが海外なら家の倒壊、ビルの倒壊、道路などの交通網もなかなか復旧できていないだろう。我が国は災害国と言っていいような国だからか。
地震、火山、などの自然災害に常に見舞われていてその都度対応してきた歴史がある。テレビのニュースでも海外からの観光客が高層階のホテルが怖いから低層階に変えてくれだと言ってきて対応に追われたとか。そりゃ怖いでしょう震度6なんかその国に居ては滅多にと言うか経験した事の無い揺れだったから。そりゃ日本人も震度6なんか滅多なことでは経験できないが、何度も震度2や3は嫌ほど経験している。今回の地震で何を感じたかは分らないが、地震の多発地帯ではないがこの国の何処に居ても地震はいつ起こるか分らないと言う意識を持つのには良かったかもしれない。最新の建築基準ではこの程度の地震には必ず耐えれる構造になっている。
政府の地震の予想マップなど信用しないでと昨日のテレビ番組で言っているのを聞いてなるほどと思ってしまった。確かに今回の地震で揺れに敏感になっているが、昨夜のサッカーワールドカップのセネガル戦見ていてハラハラドキドキの連続だった。
引き分けに持ち込める実力が付いてきたと言うことか。
海外に渡りサッカーをしてきた世代、そんな彼らは海外の強豪国と言われる人たちと競ってきて、少々の事ではビビらなくなって来ているように思う。勝負に絶対はない。何が起こるか分らないから面白いのだ。1勝1分け、あと1試合で予選は勝ち上がれる。
まだ決まったわけでも無い。もし3戦目が負けたら相手国の勝敗の行方にやきもきすることとなる。スッキリ勝って本戦に行ってもらいたいものだ。現地に応援に行った人も、国内で応援する人も全員で切符をもぎ取りたいと思う。そんな連中が勝って飛び跳ねて会場を、スクランブル交差点を飛び跳ねるのは少しは目をつぶってもらいたいものだ。どこかの野球場で観客がジャンプすると球場全体が若干揺れる模様も見てきた。こんなくらいのジャンプは大目に見て見よう。但し、あくまでルールとマナーを守っての話だ。
まだまだ眠れそうにない夜が続きそうだ。頑張れ日本!!

ページの先頭へ