2018年07月02日

頑張れ日本

サッカーのワールドカップ決勝ラウンドが始まった。
どの試合もハラハラドキドキの息をのむ試合ばかりだ。
実力が拮抗していて少しのミスが命取りになる試合ばかりだ。
こんな試合を日本が果たしてできるのだろうか?勝負に絶対はない、しかしあまりに実力がかけ離れている場合はそうでもない。
例えは悪いが野球で言えばプロ野球とアマチュア野球、相撲で言えば三役力士と幕下、同じサッカーで言えばJリーグと大学サッカー。ここであえて高校サッカーとは言わないが大学サッカーでも最近は天皇杯でたまにではあるが大学生がJリーガーに一泡吹かせることも無きにしも非ず。確かに決勝リーグに出て来るような国の選手は国内ではなく海外のリーグで活躍している選手ばかりだ。
今度の対戦相手のベルギーはFIFAランキング3位、日本は?
練習試合でもしてもらえないような相手国、でもここ決勝リーグでは当然の様に当たってしまう。昨日、一昨日の様に手に汗握る試合を期待したいものだ。スーパースターのいるチームが必ず勝つとは限らない、現にすでにそのスーパースターのいる国が負けているではないか。だったら日本も・・・でも残念ながらその期待は夢のまた夢。何故って?日本にはそんなスーパースターは居ないからである。いや待てよ、そんなスーパースターが居ないからどうにかなると思っている私がいる。
過度の期待はしないが、せめて「日本、中々やるじゃん」位は期待しても罰は当たらんように思うのは私だけだろうか。
「流石決勝ラウンドに残るだけはある」と思わせてみたい。

ページの先頭へ