2018年07月03日

頑張れ日本そして頑張った日本

今朝がたまでの熱戦冷めやらぬ状態で仕事に来ている。
ただただ凡戦になることだけは危惧していたが、何をか況や。
結果、負けてしまっては何を言っても今さらにはなるが、前半戦の0-0は後半に入るためには絶対に必要だった。そして後半は直ぐに立て続けに日本が得点をして「もしや」「まさか」と期待させてくれたことに世界中が驚いたことだろう。結果は後半のアディショナルタイム4分に起こった。1発のキーパーからのカウンターパスに沈んだ日本。誰しもこのまま引き分けで行けると思った矢先だったに違いない。そんなに甘くないのが勝負の世界。下駄を履くまで分らないとはよく言ったものだ。結果は残念だがその前のポーランド戦の事を思えばよくやったと思う。
作戦にかけたためにボール回しに徹して批判を浴びたが、それこそが究極の戦法だったのかもしれない。
毎回言うが「強いものが勝つのではない、勝ったものが強いんだ」は今回も身に沁みて分った試合だった。ランキング3位に挑んだランキング61位。コレだけできれば何を言われても新たな希望が湧いて来る。やれば出来る、そのことを身を持って分らせてくれた日本代表。試合に出れなかった選手もサポートしてくれたスタッフも、そして試合に出て結果を示してくれた選手も我々に良い夢を有難う、そしてお疲れ様、次の世代の人たちに大いに証明してくれた立派な試合だった。

ページの先頭へ