2018年07月09日

こんな事で参っちゃいけない 頑張れ皆さん

今回の西日本の災害は台風以上に凄かった。
台風は雨風が強くて家の中に閉じこもっていれば何とかなったのがこの異常な長雨、それに輪をかけた線上降水帯の長時間の居座り。
同じ場所に雨雲が居座ると言う異常な降雨量。1000ミリを超える雨が一時に降れば河川の氾濫、田畑の浸水、決壊でもすれば辺り一面の水浸し。そんな映像をテレビで見た時、防ぎようのない恐怖を覚えた。数年前に広島の水害を思い出した。
それにしてもコレは天災と言うより人災ではないだろうかとも思ってっしまった。50年に一度100年に一度という言葉を聞くたびに一刻も早く分っているならその対策をしないとこの国はいつか滅ぶんじゃないかと思ってしまった。
西日本にコレだけの被害をもたらす災害、規模は違えど東日本の大震災、阪神淡路の大震災、熊本の地震、地震ばかりが大きな災害と思われがちだが今回の河川の氾濫や低い土地の浸水、其れより未だ開通しない鉄道網の不備。ライフラインの復旧は一日も早く行われなければならない。
幹線道路などはいち早くもとに近いくらいに開通するが、嘗て奈良県に台風の余波で通行止めになった河川や道路が元に戻ったのは2年近くかかった。よく利用していた道だったから迂回しないといけない時には通常の2倍も3倍も時間と労力がかかったのを思い出した。山を削って建てた造成地に建っている家や河川を一部埋め立てて建てられた家などは平地に建っている家に比べて危険度は増すばかりだ。あれだけの被災家屋や車はもう使えない。新たに買い直さなければならないものも沢山ある。景気は冷えるのか逆に購買によってよくなるのかは知らないが何より早く元の生活に戻れるようになって欲しいものだ。大阪北部地震の爪跡もまだ残っている地域の人たちもこの大雨でまた被害が広がったと言う話も聞く。
これから暑い夏がやって来るボランティアの人も被災した人も熱中症にはくれぐれも気をつけて欲しいものだ。

ページの先頭へ