2018年08月22日

やっと緊張から解き放たれた高校野球だ

高校野球の決勝も終わり大阪桐蔭高校が優勝した。
春夏連覇がかかった緊張の中での優勝、天晴ものだ。
期待されてのプレッシャーもあったろうに、それでも勝つのがすごい事だ。甲子園球場と言うところは弱者に応援が付くちょっと変わった傾向があると解説者の人が言っていた。そのプレッシャーにも打ち勝っての優勝は称賛に値する。
毎年、この夏の高校野球が終わればすぐに二学期が待っている。
ひと夏の思いでと言ってしまえばお仕舞だがやはり高校野球にはいろんなドラマがある。今年から熱中症対策で水分補給の時間が設けられたり、今年からタイブレーク制が導入されたり、我々の頃とは大いに変わって来ているように思う。選手の負担を軽減すると言う意味では大いに賛成だが、タイブレーク制の作戦も立てないといけなくなった選手監督にはどうなんだろう、負担にはならないのだろうか。
選手はグランドで学生はスタンドで、そして県民はテレビでと白球に行方に一喜一憂する。東北勢の初優勝か、二度目になる春夏連覇かとニュースにはなったが結果は実力通り、予想通りの大阪桐蔭高校に栄冠は輝いた。
今日の新聞でも秋田県出身の人のコメントが多く寄せられているが、同県人としてこれほど誇らしいことは無い、胸を張って欲しいと書かれていた。全く同感だ。勝負は時の運とはよく言ったもので大差の結果であろうと一点差の結果であろうと見る者に感動を与えてくれた選手達には大きな拍手を送りたい。そんな純粋な気持ちで見ていたが、誰々がドラフト候補でとか大人の穿った見方の中にこれからおかれる選手達には迷惑な話だ。
ともかく夏の甲子園は終わった。多くの感動をありがとう。

ページの先頭へ