2018年09月07日

がんばろう日本

昨日の北海道の地震の映像を見て不謹慎乍ら地震の震源地の様子が何処か景勝地のように思えた。中国かどこかの景勝地にあのような山肌をしたところがあったように思えたからだ。
その山崩れの下にはいくつもの家がありそれらを飲み込んだ山崩れはいかに凄いかをニュース映像が物語っていた。
北海道のほぼすべての電気の供給がストップしてついているのは非常用電源のあるところと自動車のライトだけだった。
当然物流はストップしていてコンビニにもスーパーにもモノは殆どなかった。
台風21号の記憶も冷めやらぬのに今度は北海道での地震。
海外の観光客は日本って本当に大丈夫なのか?と思っていることだろう。
しかしこれだけの災害にあいながら、思いのほか早く普及したりすればまた日本は凄い所だとか報道されるのかもしれない。
しかしこう立て続けに、地震、台風、豪雨、と列島を襲ってくるのは何かしらの前兆なのかと疑ってしまう。
災害に待ったなし、日頃から備えよ常にとは思うが今回の様に夜中に起これば何もできない。一瞬で生死を分ける、これも怖い事である。
今回の台風で我が家も若干被災したがそんなものの比べようが無いくらいの北海道地震。震度7の地震がどれほど凄いか想像を絶するものだと言うことはこれらのニュースを見ていてまざまざと分った。阪神淡路大震災では「がんばろう神戸」がスローガンとなって国民皆に伝わったが、これからはもう「がんばろう日本」に変わって行くのかも知れない。

ページの先頭へ