2018年09月11日

神様はお見通し

あちらこちらの同級生から今回の台風の様子が伝わってきた。
何かしら被害があった奴が多かった。屋根瓦が落ちた奴、どこからか飛んできたものが当たってガラスが割れた奴、特に酷かった奴は家のガレージに向かいの看板が飛んできて直撃された奴。
コイツはその影響でガレージのシャッターが曲がってしまい開閉できなくなってしまったとか。そりゃシャッターは真っ直ぐに巻き込んで上げ下ろしするもの、それが暴風で飛ばされてきた看板が直撃して曲がれば巻き込み出来ない。電動での上げ下ろしのシャッターだが停電などの緊急時は手動で上げ下ろしが出来るような設計になっていた。しかしそのシャッターが曲がると言うことまで考慮されていなかった。出入りするためのシャッター、これでは出るにも出れない入るにも入れない。そいつは頭に来てその曲がったシャッターを蹴飛ばしたとか。余計にその衝撃でひん曲がってしまったとか。それより蹴った衝撃で足の指を骨折したとか。
バカの上塗りだ、そんなことして曲がったシャッターが元の戻って動き出す訳がない。次の日、余り痛みが引かないので受診すると、
「折れてますね」と一言、自ら蹴ったとは言わなかったらしいが、アイツの事だから台風の為に骨折したと言いかねない。
他の連れから聞いた話だが、やっぱり落ちてきた瓦が足に当たったと言ったらしい。しかしプロはそんなウソは直ぐに見破った。
何故なら上からものが落ちたならば当たった側の骨が折れるはず、そして足なら上の部分が腫れるか赤みがあるはず、コイツは蹴ったために足の裏側に痛みと腫れがあったとか。
流石にコレを見ぬけた先生は凄い眼力。悪いことは出来ないってことだ。神様はお見通し。

ページの先頭へ