2018年09月19日

ストップ 加齢臭

日中でも日陰に入れば風が涼しく感じられる。
季節は変わりつつあるからなのか。昼からの診療で顔を洗って余計にそんな感じがした。今年の猛暑は異常なくらい暑かったから昼休みに下着を着替える回数が多かった。白衣にも消臭スプレーをかけるのが多かったせいで一瓶早く無くなった。
前にもここで紹介した患者さんだが、その方が来られた後しばらくは香水の香りが残る。良い臭いのもあればそうでないのもある。
人それぞれだが余りきつい香水の匂いは如何なものか。
お鮨屋さんでもお蕎麦屋さんでも香水のきついのはお断りするところもあるとか。毎日ではあるが上の方の階の会社の人できつい匂いの方が居る。その方は外人さんだった。独特と言うか日本人と乗っていてもさほど感じないが外人さんは明らかに違いが分る。
それともう一社、シルバーの方を多く抱えている会社がある。
そこの方が乗った後も直ぐに分る。何故か?ポマードの匂いがするからだ。夏場の汗をかいたシャツのまま乗って来られても困る。
汗の匂いは避けられないからだ。そう体臭には個人差があるからだ。あからさまに鼻をつまむのは大人のルールとしては憚られるが、小さな子供はそんなのお構いなしだ。一度小さな子供がエレベーターに乗って来て「お母さん、変なにおい」といきなり言ったのでそこの母親も「しっ」と思わず子供に声をかけた。
子供は大人のルールなどはお構いなしだし、何が「しっ」か分らずキョトンとしていた。
当医院の女の子にこの話をしたら、女の子もそんな体験をしたと言っていた。女性だから香水はまだしもオッサンの体臭はダメらしい。きっと当診療所でもオッサン臭は嫌われているんだろう。
院長室のフアブリーズはシャツにかけるのであって私の身体にかけるのではないと言うことをここではっきりと述べておこうと思う。

ページの先頭へ