2018年11月16日

どっちもどっち・・・

過ごしやすい気候になった。半袖で近所の郵便局に行ったら顔見知りの女の子から「寒くないですか」と声をかけられた。
有難いことに当診療所は全面ガラスの窓でしかも南東向き、昼からはエアコンがかかるほどの気温になる。気が付けば11月も半分が過ぎクリスマスケーキの予約やお正月のおせち料理の予約がポストに入っている。年賀状の早割のチラシも見られた。
そう言えば年々、おせち料理も年賀状も以前に比べて食べなくなったし年賀状もごく親しい人にしか出さなくなった。
患者さんに出していた年賀状もここ数年前くらいから出さなくなった。なにかDMのようで気が引けたからだ。頂いた年賀状には必ずお返しはするが。親戚関係も親しいが故にメールでのやりとりだし、正月休みなんてこの家に生まれてから1回しか行った記憶が無い。「お盆休みや正月休みは海外にでも行かれるんでしょうね」と言われることがあるが全くの逆で親父の代はレセコンなんか無くて手書きのレセプト、親父とお袋が夜中までかかってカルテから手書きで写していた。2~3日夜中までかかっていたのが今や電子カルテなどで30分もあれば済んでしまう。有難いことだ。
それでも初期の頃は紙で出していたからプリンターからどんどん紙が出てきてそれをミシン目で切り取る作業が待っていた。
それが今やCD-Rで済んでしまう。社保と国保で出すところが違うので間違ってはいけないと慎重になればなるほど間違いは起こるものだ。普通そんな間違いはありえないだろうと思っていたら、同級生がそれをやらかした。社保に国保を、国保に社保に。
それを聞いた時に「オマエもバカやな」といって笑ったものだが、今年の何月分だったか忘れたが社保に送ったCD-Rの中身が無かったと言って来た。国保は大丈夫だったが空のCD-Rを送ってしまった。そのことを同級生に言ったら「オマエもバカやな」と言い返えされた。

ページの先頭へ