2018年12月04日

どちらもどちら・・・

12月に入って確か木枯らし1号は終わったはずだが例年に比べて異常に暖かく感じる。これから大陸の寒気が入って来るとか言っていたがスキー場などは一部営業が出来なくなっていると言うニュースを見た。また暖冬で葉物野菜が大きくなりすぎて逆に売れないとか。何でもほどほどがよいのだろう。白菜が普段の1.5倍位に成長したら冷蔵庫にも入らないから売れないと農家の人が言っていたのを聞いて、そこまで考えて野菜を作っていることに驚いた。
生産調整で出来た白菜をトラクターで潰す姿には心が痛い。
また悪いことばかりではない、今年はきのこの当たり年だそうだ。
マツタケをはじめいろんなきのこが取れて尚且つ安い。きのこ好きにはたまらんだろう。私の周りには余りきのこ好きは居ないが。
先日、郊外のスーパーに行ったときお鍋コーナーの側にポン酢の棚があった。関西は特にポン酢好きが多いと言う。関東のスーパーには余りポン酢の種類は無いらしいが、関西は地場産のポン酢がたくさんある。連れがたまたま探していたポン酢があってそれを見つけた時の騒ぎ様は半端なかった。何でもどこかでそれを食べたらしい、そしてそれに嵌ってあちらこちらと探し回ったとか。でもどこにもなくてそいつには「幻のポン酢」になっていたらしい。
それが郊外のスーパーにあった。そいつはそれを箱買いしていった。普通スーパーに売っているポン酢は300円~高くて500円、600円。其れなのにその幻のポン酢は1本1000円もしていた。全て手絞りだそうだ。私はポン酢は食べない、そいつに言わせれば人生の半分を損しているらしい。私は逆にゴマだれ派だ。それに薬味は一味か七味か山椒派だ。今嵌っているのが「舞妓はんひぃ~ひぃ~」と言う国産ハバネロの入った激辛七味だ。コレを食べたら止められない。
そいつのポン酢に一度それを入れてやったら、持ち込んだ舞妓はんひぃ~ひぃ~を取られて仕舞った。それほど美味しいものだ。
そいつ曰く、ポン酢が美味しいから薬味が引き立つんだとか。
いやいや薬味が良いからポン酢が引き立つんだと言ってやった。

ページの先頭へ