2018年12月25日

来年は当たるかな・・・

いよいよあと1週間で今年も終わる。平成最後のクリスマス、そして新年を迎えるのにまだ何かし忘れている感じがしてならない。
そうだ、年賀状だった。インクが無くて買いそびれたままでクリスマスを迎えた。クリスマス前には出来上がっている筈がインクを買いにこの連休に行くつもりが行けなかった。歳は取りたくないもので頭の中はすでに年賀状を仕上げていたことになっていた。
昔の様に手書きで年賀状を書かなくなってパソコンからプリンターで出すのでものの1時間もあれば出来てしまう。だから今までも焦りはしなかったのだろう。
ここでまた思い出した。昨年も一昨年も宛先不明のが何枚かあった。それを書き換えていないから毎年何枚か帰って来る。でもメールや電話で喋るから気にも留めていなかった。だからこんな間違いを起こすのだ。きっと向こうさんもメールや電話でやりとりするから年賀状をくれないんだと思われているに違いない。だからと言ってその帰って来た年賀状を見せて「本当は年賀状は出しているんだぞ」と言うのも如何なものか。親しき仲にも何とやらでその辺はきっちりさせておかねばならない。
そう言えば年賀状に「今年こそ会おうな」と書かれていた奴には会ったことが無い。皆さんはどうですか。今年こそ会おうななんてあいさつ程度の言葉でしかないはずなのに、今年もきっと書いてしまう。
話は変わるが、昨年、一昨年の年賀状で出した中にたまたま1等賞があったはずだ。有ったはずとは連番の年賀状だからその中の誰かに当たっている筈なのだがそのことを言ってくる人は居ない。
向こうさんは「やった、1等賞や」と思っていてくれているとは思うが、それが○○から来たやつやくらいしか思われていないのだろうか。嘗て、私がもらって当たった1等賞の時は早速そいつに「オマエの年賀状が1等賞やったぞ」と連絡したものだが。
知らせが無いのは元気な証拠、と思っているが、まさかここ二年連続して当たるとは。自分が当たるより?嬉しいものだ。
いや、やっぱり自分が当たる方が嬉しいに決まっている。

ページの先頭へ