2019年01月10日

そろそろ受験シーズンですね

昨日から戎さんが始まった。
商売繁盛をお祈りする人で多くの参拝者があった。
夜のニュースでもそして今朝の開門と同時に一番福を目指して西宮戎神社には多くの人が開門を待った。ちょうど6時きっかりに開門するがその時間は車の中でテレビを見ていた。
上位三番までがその年の福男に選ばれる。知り合いに何年か前に2位になって2番福を引き当てた人がいた。その年は然程でも無かったが肩書に「二番福の男」と言うのがついてまわったとか。
そして近所にも福娘を引き当てた人が居る。コレは今宮戎の福娘で何百倍かの難関を乗り越えて選ばれたお嬢さん、これもまた肩書きに「福娘」と言われている。でも後で聞いた話では見た目と実際は大きな違いがあったらしい。三日間神社で福笹を授与して手の指は切れ切れになったとか。その後1週間は指に絆創膏を貼っていたとか。
なにわともあれ、正月が過ぎこれからは受験生にとっては大事な受験が待っている。インフルエンザも流行り出した。
今までの努力が無駄にならないように精いっぱいの実力を出し切って欲しいものだ。
昨年はいろんな意味で大学の受験、特に医大の入試で不正が明らかになった年でもあった。それだけ今年は注目されるだろうが頑張って欲しいものだ。しかしあってはならないことだと前置きをして言わせてもらえば我々歯科医も同じような経験があった。
よく言われるが同窓の息子、娘は入りやすいと何度も言われてきた。しかし同窓だからと言ってそう簡単には入れるものではない。
何年か後に(正確かどうかは定かでないが)成績順だけで入学させた年があったらしい。その年の学生はやはり少々変わった学生が多かったと先輩の先生から聞いたことがある。
外国の大学の様に入りやすく出にくい大学になって欲しいものだ。
入学試験で便宜を図っても国家試験では実力のみだから、出来ない学生は世間に出て貰っては困る。そこまで心配しなくてももうすでに歯科業界は満杯でそんなに魅力ある業界ではないのだから。

ページの先頭へ