2019年01月16日

少しづつ相撲人気は戻りつつあるそうだ

今朝のスポーツ紙の一面に「横綱稀勢の里引退か」の記事があった。ただ一人の日本人横綱に多くのファンがヤキモキしている。
去年の今頃は暴行事件やら組織としての不祥事を賑わ合いを見せていて外国人横綱だの日本人横綱だのの話が多く載っていた。
横綱まで行くと負け越し陥落は無いが、それが続くと引退が待っている。何日か前の新聞には「横綱にならなくて大関のままだったらもっと永く相撲が取れたのに」と言う論調が乗っていた。
しかしここまで相撲が取れていて周りは皆横綱を倒して金星を頂戴するぞの勢いで向かってくるのだから、よほどの覚悟と実力が備わっていないとやって行けないのだろう。辞める辞めないは本人の意思だがどこかの政治家も「出処進退は本人が決めること」と如何にも他人事のような話をする。辞めたくても辞めれない事情も相撲協会にはあるのだろう。
外国人力士が何人いるかは知らないが、相撲が国技と言うからにはもっと日本人力士には頑張って貰いたい。嘗て、「若貴時代」と言うのがあった。もっと遡れば「大鵬、柏戸」から始まってライバルと呼ばれる存在が相撲人気を支えてきた。でも今やモンゴル人力士持ち回り優勝が続き、やっと稀勢の里が優勝して日本人力士万歳と持ち上げすぎだったのかもしれない。
相撲の事は余り知らないから余計なことは言えないが、連れに相撲オタクがいる。必ずや大阪場所の千秋楽が終わった後で贔屓部屋の打ち上げ会には参加するので3月場所の打ち上げ後の話を聞かされる。朝稽古も勿論見に行くし、時間が許せば本場所にも足しげく通っている。何度も誘われたがなかなか機会がなく見に行けていない。仕事柄土日にしか見に行けないので今年は中日か千秋楽のどちらかにチケットを持っている筈の連れにお願いしてみようか。
毎年誘ってくれるからにはチケットはあると思うのだが。

ページの先頭へ