2019年03月19日

何気ない朝だが気になって仕方がなかった

今朝は雨、先日のような猛烈な雨ではなくしとしと降る雨だ。
傘がいるかいらないかの考えさせられる雨だ。車から診療所のビルまでは約50メートル、傘が無ければ歩けないと言うほどではないが傘を診療所に持って行けば帰りに雨が降っていなければ間違いなく忘れて帰るのは必至、そんな雨の朝だった。それで結局は傘を持って車から出たがささずに来てしまった。中途半端なことをしてしまった後悔が残る雨の朝だった。
日々こんな事で、しょうもない事で日常は成り立っている。今朝はまたこんな事があった。通用口のドアの前にもう人が立っていて今にもカードキーで開錠するような感じだったのでその人の後ろに立っていた。しかし一向に入る様子もない仕方がないので私のカードキーで開錠してドアを開けて中に入った。するとその人も一緒に中に入った。カードキーを持っていなかったのか出すのが面倒で誰か入る時に一緒に入っるのを待っていたのか、しかし中に入っても今度は部屋に入るためにもう一度カードキーをポストの横の差込口にカードを入れないとその部屋のポストが開かない仕組みになっている。私は診療所のポストから部屋のキーを取り出してエレベーターに乗ったらその人も一緒に乗って来た。「何階ですか?」と聞いたら「9階お願いします」だと。9階だと言うことはそこには3社しか入って居ないフロアだ。3社ともウチの患者さんの会社、そのどちらかだろうが私が2階で降りたらそのまま9階に上がって行った。エレベーターを降りてその階を確認していたが一向にエレベーターが降りてくる様子が無い。当ビルはポストから部屋の鍵を取らないとその階の廊下の電気が点かない仕組みになっている。トイレもそうだしエレベーターホールも節電の為か明かりが点かない。と言うことはそのまま会社の部屋の前で待っていることになる。自分も2階でエレベーターを降りたが気になって仕方がない。わざわざ9階に上がって確認するのもおかしいが、時間にして2~3分かそれ以上かは分らなかったがいったい暗闇の9階ホールの前であの人はどうしているんだろうと気になって仕方がなかった。管理人室の部屋には各部屋の入居状況が分るような電源盤のライトが付いている、私がカギをポストから抜いたから2階の私の部屋のライトが付いていた。しかし9階は未だにライトが付いていない、と言うことはまだ誰も9階には来て居ないことになる。
朝からこんな事で無駄なエネルギーを使おうとは思わない。しかしやっぱり気になる。診療所に入って受付で電気をつけて今日のアポを見たらそこの会社の人が朝一に入っているではないか。絶対に聞いてみよう、そう思って準備を始めた朝だった。

ページの先頭へ