2019年04月22日

これからもよろしく・・・

新入生も約1か月が過ぎようとしている。
受験勉強から解放されてこれから大学生活を満喫しようとしている大学生も多いかと思う。4月は新しく入学した学生に対して新入部員の勧誘などのクラブ活動が活発に行われる。そう言う私も大学入学の後クラスメイトとどこのクラブに入るか話し合いをしたのを思い出す。高校時代は帰宅部だったから何かクラブに入って大学生活を満喫しようと思っていた。仲の良いクラスメイトは野球部に、弓道部に、フォークソング同好会にと決めて行ったが私は中々決めきれなかった。そして帰りが同じ方角の同級生と帰り道、何処かのクラブの勧誘に引っかかった。私は男子校だったので女性の先輩に「あなた、新入生?」なんて声をかけられたら「ハイ、そうです」と即答してしまった。「ちょっとでいいから話を聞いて貰えない?」なんて今まで女性とまともに話などした経験が無い無垢な私を無理やり引っ張りこんだ大学横の喫茶店。中には何人かの女性の先輩がいた。高校時代なら同じように引っ張りこまれて入った喫茶店には剃りこみを入れた怖そうな奴らがいた。同じ引っ張り込まれるならこっちの方が良かったと思ったのが運のつき。一緒に連れ込まれた同級生は仕方がなくサインをしたが私は偶々、高校の先輩が居て私を見つけて手招きをしてくれた。それで即答しなくて済んだ。でもその後結局はそいつと同じクラブに入った。それがテニス部だった。
高校時代は運動なんかしたことが無かったが仮入部の時に一応簡単なテスト?みたいなのがあってラケットの振り方や握り方を教えて貰った。
これも偶々だったが私を教えてくれた先輩は同じ沿線に住んでいて帰りにも何度も一緒に帰った。そして今だにその先輩にはお世話になりっぱなしだ。
途中下車をさせて飯を奢ってもらったり飲みにも連れて行ってもらった。
我々の大学は今はどうか知らないが先輩後輩が絶対の関係。歳は上でも学年重視、
そんな関係が一生続く。現役生の私はいわば一番年下。一年後輩には3浪生が居て歳は2つ上だが学年は一つ下なんて当たり前に居た。だからいくら儲けて立派になっても歳が上でもそいつには一生私が奢らないといけない。また高校の同級生にも浪人して入って来たのが居て大学で会っても「オウ、○○」なんて気安くよばれて「もっと気を遣えよ」と言ったこともあった。
そんなこんなで未だに講習会などで会っても凄くよくしてもらっている先輩がいるが最近は何故だか私の姿を見つければそっと視界からいなくなるようだ。
何故なんだろう?そう言う私も後輩を見つければ同じことをしてしまう。
なるほどそう云うことか、やっとその謎が解けてしまった。
支部にも高校の先輩後輩はいる、しかしそれ以上にクラブの先輩後輩は強い絆でつながっているように思う。先輩これからもよろしく。

ページの先頭へ