2019年06月06日

あ~あ勿体ない事をしていたあなぁ・・・

最近やけに一日が早く感じてきた。コレは良い事か?
毎日の診療もあっという間に昼休みになって行くような気がしてならない。
そして午後診はもっと時間の経つのが早く感じる。
昔から時間が経つのが早く感じるのは良い事だと言われているがそうだろうか。
いつもの手順で仕事を続けているが、ここ最近は特にそのように感じる。
1つはスタッフとの呼吸があってきたのか?(普段はあわないのか?)
いやいやそうでは無い、例えばこうである。抜歯や抜髄の時に麻酔を打つ前にレントゲンを撮ってそれから麻酔を打つ。これを麻酔を打ってから効くのを待ちながらレントゲンを撮れば時短になる。皆さんはやっていらっしゃると思うが、私は今まで先にレントゲン、其れから麻酔を頑なに守ってきた。セメント硬化もタイマーをセットしているがスタートボタンを押して何分か後にセメントを外すようにしていたのを、イタリアンのお店がパスタを茹でる時の様にタイマーの時間設定をしてそれから逆にタイマーを押せばその時間になったらベルで知らせてくれる。今まではその間に他の用事をしていてついついオーバー目の時間でセメントを外すことが多々あった。だからそのズレをタイマーを0からスタートではなくて設定時間からの逆のスタートにした。
そうしたらどうだろう、今まで硬くなりすぎていたセメントも、麻酔を打ってからの時間待ちもすっかりと解消したではないか。
たったこんな事でも私には嬉しい誤算、「そんな事もっと早く分かれ」の御叱りの声も聞こえそうだが、A型、牡羊座、木星人の私にはちょっとの変更も納得いかねば決して行わない性格が邪魔をしていたのかもしれない。
石橋を叩いて渡るでは無く、石橋を叩いても渡らない性格だった。
石部金吉金兜がそろそろ何か一つでも脱却しようとして少しではあるが動き出したのである。私にとっては大きな変化を齎してくれて新鮮な毎日をおくれるからこうして新しい発見や一日一日の時間が早く感じると言ったような不思議な感覚になっているような気がしてならない。コレってもっと早くに気が付けばもう少し違った生き方が送れたのかも知れない。  あ~あ勿体ない事をした。

ページの先頭へ