2019年07月04日

悩みは尽きない 早く雨が止んでほしい切実な願いだ

昨夜の豪雨は凄かった。とは言っても九州地方を襲っている豪雨に比べたらそれほどでもないだろうが。昨日、鹿児島と宮崎の同級生に電話をかけたらどちらも避難対象になっているとか言っていた。周囲は田んぼや畑ばかりの頃に開業して一度開業当初に伺ったがのどかな所だった。その内周りにどんどんと家が建ち始めあっという間に町になって行った。あれからかれこれ30年くらい経つだろう。今回の雨は彼らにも経験が無いほどの雨だと言っていた。そして彼らが口をそろえて言うのは一生懸命に育てた田畑がみるみるうちに水没していく姿を見るに堪えられないと言っていた。
手塩にかけて育てた田畑が一瞬にして水浸しと言うより池のようになっていく姿は農家の方々には耐えがたいものだろう。宮崎の同級生は一度水に浸かって診療所がダメになってもう一度診療所内の機械を一から揃え直したと言っていた。そして今回の雨だ。ダブルローンを抱えているから心配も最高潮だろう。その時に鹿児島の同級生が一緒にお見舞いに行ってくれたがまさか今度は自分の所が被害に合うとは思いもしなかったと言っていた。どちらもこれ以上の被害の出ないことを祈るばかりだ。
と言う私も今回の大阪G20による臨時休診の事をここに書いた時に早速電話を貰って「都会は大変やなぁ」とか「田舎で開業しとけばよかったのに」とか嫌味を込めて彼らに言われた。都会にしろ田舎にしろどこで開業してもやって行けると豪語した連中だがやはり自然には勝てない。避難指示が出ても今までなら家兼診療所に残れたが今や行政指導と言う名のもと皆が避難しないといけなくなった。
いやいち早く非難したらしい。やはり今までの経験がそうさせているのだろう。
無事は確認できたが診療所の方が心配だと言っていた。ダブルローンまでは持ちこたえれるがトリプルローンは即廃業の文字が頭をよぎる。
年齢を考えたら今が限界だとも。子供が何とか跡継ぎになってくれてはいるがそんなローンを抱えて引き継ぎさせる訳にはいかないとか。
悩みは尽きないみたいだ。

ページの先頭へ