2019年07月17日

今日の愚痴はなかなかのものです・・・

梅雨明けはまだ聞かない。そして昨日やっとセミの鳴き声を聞いた。
今の所昨年のような猛暑の様子はない、しかしまだ梅雨は明けていないのだ。
大阪は天神祭りの頃が一番暑い、その天神祭りが来週から始まる。
毎日通る通勤の道がその天神祭りの提灯を並べる準備が始まった。沿道に橋に各会社の玄関先に天神さんの提灯を飾るのだがその電線を張り巡らせる工事がようやく始まった。これで準備万端と言うことは梅雨明けに繋がるのだろうか。
毎年、この時期になると同級生の歯科医院が早い目の夏休みを取る。それは天神橋商店街の中にあるからだ。診療所の前に屋台が出て仕事にならないから毎年この時期に早い目の夏休みを取ると言っていた。しかしここ数年は天神さんの時に休みを取って、お盆休みも取って7月8月は仕事にならんと言うのが口癖だった。
しかしそう言ってはいてもどこの歯科医院もそうだろうけれど患者さんの数が減って毎日が休診状態の所もある。年に何軒かの歯科医院は廃業に追い込まれるのが実情だろう。当医院にも何人かの税務署の職員が治療に来るが必ず言われるのが、「最近の歯医者さんは仕事をしてるんですか?」ほっとけや、仕事をしたくても患者さんが来なければしごとにならんと言い訳の一つも出てしまう。と言うことは歯科医院に来る税務調査も当医院に限ればここ何年と来て居ない。やぶ蛇にならぬように聞いたことがあるがこう言われた。「そりゃ行っても実入りがあれば行きますけどもねぇ」だと。確かに歯科医院の90%以上は収支がットントンか赤字だそうだ。当医院も儲かってはいないがこれ以上患者さんが減れば先先の事を考えないといけない。待合に患者さんが待つ、アポイントはなかなか取れない、こんな話は夢のまた夢。当医院に限って言えば「あそこはいつ行っても診て貰える」のだそうだ。今月もちょうど半分が過ぎてコンピューターの7月分の点数を見たら驚いた。
まだこんな位しか点数が無いのか、納品の伝票を見たら今月の買い物の少なさ、技工所の伝票も毎日出していないと言うことはこの点数の低さに現れている。
あ~あ愚痴っても仕方がないが毎年この時期に思うことだが、暑くなれば患者さんも出歩くのも熱中症を気にしないといけなくなるし、ますます心配の種は尽きない。

ページの先頭へ