2019年07月23日

昨日の会見で思ったこと

昨日、闇営業から端を発して反社会的勢力からお金を貰っていたと言って問題になった芸人の会見から今度はその会社の社長の会見があった。我々大阪人にとっては馴染み深い吉本興業の会見だった。延々5時間半に及ぶものだったが歯切れの悪い会見で思わず日大アメフトの会見を思い出した。しかしいくら会社が悪いと言っても、反社会的勢力から闇営業でお金を貰っていたと言う事実は消えるわけでも無い。
しかし今回の会見で思ったことは手際の悪さ、間の悪さだ。
よく言うではないか、褒めるのは後でもよいが、謝るのは即、謝る。
今回の会見ではそこの会社の社員やその家族、そして取引業者や関連企業の皆が注目していたはずだ。そしてあの会見で納得したものは居なかったと思う。
すぐさま芸人たちがツイートしたり今朝の新聞にも芸人たちのコメントが出ているが私はその中に芸人以外の社員さんや関連企業の人の反応が出ていなかったのには少々がっかりした。
自分の会社のトップがあの会見では如何なものか、芸人は面白おかしくギャラやその他の話題を持ち出したりするが、社員さんは何の発言もされていない。
もしこれが他の一流企業の不祥事ならどうだったんだろう?元々芸能と反社会的勢力のつながりは歴史的にもよく知られている。興行と言うのとは切っても切れない関係だと言うことは誰もが知っている。何もお金を貰ったからどうのこうのではない。
一緒に写真を撮ったり親密な交際をしていたから問題が発覚したのだ。
これからもまだまだ出て来るだろう。そしてもっと厳密に言えば紅白の歌手でも営業でお世話になっているものも居るだろう。そして誰かが言っていたがその反社会的勢力に場所を提供したり食事を提供したりしただけでも問題になるとか。
反社会的勢力の方が治療に来て「あなたは治療できません」とは言えないだろう。
暴対法が出来てからいろいろな面で影響が出てきて彼らには締め付けが効いてきていると聞く。銀行口座を作れない、ゴルフ場でゴルフも出来ない、車も買えない、言い出せばキリが無い。しかし反社会的勢力からお金を騙されて被害にあった方々には失礼な言い方だが今回の芸人の闇営業でそれらのお金を貰ったからと言ってそこまで言われなくても良いように思うのは間違いなんだろうか。それを申告しないでポッポナイナイした方が脱税で摘発されても仕方がないと思う。
昨日の会見で思ったことは何だかそもそもの論点が変わって来ていやしないかと言うことだ。決してやったことをよしと言っているのではない。悪いことは悪いことだし反省は多いにしてもらいたいと思うが、コレは今現在の日本の縮図だと思う。
今まで口に出せなかったことを口に出せる世の中になったと言うことは良いことではないか。事なかれ主義の多い昨今、今回の事を教訓に良い方向に行ってくれるならそれはそれで良かったと思う。しかしやってはいけないことをやったと言うことが消えるわけではないということだ。いろんな事を考えさせられる会見だったように思う。それでももっと簡潔に答えられないものか、いらいらしたのも事実だ。

ページの先頭へ