2019年07月29日

御馳走様でした

先週末の土曜日の午後1時過ぎ大阪では激しい雨が降った。
丁度、阪神高速の料金所に入った直後渋滞が発生していた。こんなところで渋滞を起こすとは、きっと事故か?案の定環状線に合流する辺りで車4台の事故、1台は進行方向に対して逆向きで止まっていた。その為1車線しか走れる車線が無くの渋滞だった。
この雨できっと事故ったのだろう。そして環状線から堺線に入って間もなくのカーブでも単独事故があった。私の目の前を走っていた車がカーブを曲がり切れなくて側壁に激突、一回転して漫画のようだがそのまま進行方向に止まった。方向がよかったからかあれが追い越し車線にでも来ていたらこちらが巻き込まれるところだった。
雨の日の運転には皆さん注意が必要ですよ。そんなこと言われなくても分っていると仰るかもしれませんが、誰も自分は事故を起こすなんてコレっぽちも思っていないでしょうから。でも不意の事故は起こるのです。最初の事故は巻き込まれての事故、避けようがないと言えば避けようがない事故ですが、後の事故は単独事故、自分がしっかり運転していれば起こらない事故だと思います。
どちらにせよ無事でいて欲しいものです。しかし周りは大迷惑です。その為に暫く通行止めになったりしたらそれこそ他人を撒き込んだ迷惑な事故ですから。
早速、その様子を連れに言ったらこう言われた。
「オマエが誘発した事故と違うんか?」だと。
「バカたれ何で俺が誘発なんかするか」
「オマエの運転危なっかしいからなぁ」
「オマエこそ気をつけよ」
いつものようにこんな言い合いをしていて他の連れが気になりました。そいつも堺方面に来るからです。滅多に高速には乗らない奴だし時間も向こうの方が早く出ているはずだし、それにしても遅いから気になっていました。そうしたらそいつから電話が入り「高速で事故や、ちょっと遅れるで」こんな電話でした。
案の定、滅多に使わない高速道路を使うからこんな事故に遭遇するんやと言われていました。そして土用の鰻を食べるために集まった仲間、30分近く遅れたので結局はそいつ持ちになりました。そうすればこちらは滅多に食べれない「特上の鰻」を注文することにしました。セットや定食は可哀想に思って鰻重のみにしました。
3人で鰻重と鰻巻き、車なのでお酒はありません。会計でそいつが支払った値段は18000円ほど。何、18000円?一人6000円?お品書きをよく見ていなかった我々でしたが後からお品書きを見て驚きました。この特上の鰻は5000円と書いてありました。アララ、そんなにしたんや。支払った奴には悪いがごちそうさまでした。
きっちり領収証を貰っていたからこいつはきっと経費にするつもりや。
流石、公認会計士さんですね。やる事が卒がないわ。

ページの先頭へ