2019年08月05日

まだまだ暑い日が続きます ご注意ください

暑い暑い熱帯夜にもかかわらず、昨夜の全英女子ゴルフで日本人選手の渋谷選手が優勝すると言う快挙に熱帯夜も吹き飛ぶくらいに興奮した。
日本女子にとっては樋口久子以来メジャー優勝で今日のスポーツニュースは湧くことだあろう。42年ぶりの優勝もさることながら今、よく言われている黄金世代の仲間たちが活躍する中ちょっと遅れてきた昨年にプロになったばかりの選手だ。
もうこうなったら怖いもの知らずとか言われるだろうが勢いってこんなにすごいのかと驚かされる。何人もの日本から駆け付けた応援団さえまさか優勝するなんて思いもしなかったであろうし、失礼ながらイギリス観光を兼ねてやって来た人も中にはいるだろう。もしも今回のブックメーカーのオッズは知らないがもしも買っている人が居れば超万馬券であったことだろう。なにわともあれ優勝おめでとうございます。
暑さも吹っ飛ぶビックニュースだと思う。   でも今朝も暑いには変わりがない。
話は変わるが昨日連れと久しぶりに会った。会ったと言うかどうしても会わざるを得ない用事があったからだ。用事自体は直ぐに済むような事だったがそれより連れの先週の体験?が話題になった。それは初めて熱中症になった話だ。今は笑い話で済むが当人はそれどころでは無かったらしい、一歩間違えば死に直面する?大げさではないが本人曰く、暑いのに汗が出尽くしたのか蒸し風呂のような部屋で眩暈がして手が痺れてきてコレはヤバイと思ったらしい。そう言えば先週末にそいつから電話があった時に声の調子が少々おかしかった。暑いはずが話の中でも暑いとは言わなかった。風呂上がりのような状態で裸でベットに横になっているとか。でも何か嫌な予感がしてこう言った。「暑くはないのか?」「暑いはずやが汗が出ないんや」「体温を計ってみ」「38.5度や」「それは熱中症や」「何か風呂上がりみたいにしんどいわ」こんな調子だった。すぐさま身体を冷やせと言って冷蔵庫から保冷材のパックをいくつか出してきて身体に乗せたとか。アイスノンも頭に首に巻き付けたとか。結局は凍ったペットボトルで首筋と脇の下と鼠蹊部を冷やして難なきを得たみたいだった。5分もすれば身体が今度は冷えてきてこの暑いのにブルブルと震えだしてきた。それで何とか正気に戻ったと言っていた。
偶々私と電話で喋ったから直ぐに対処出来たが一人暮らしでこんな症状が出たら誰にも気づかれず、気づいた時にはもう遅いとなっていただろう。
何でも置いておくものだ、今回の保冷材も捨てるのが嫌いな奴だったので冷蔵庫に大量にあったらしいし、ペットボトルもアイスノン代わりに凍らせておいたのがあったから良かったみたいだ。
首と脇と鼠蹊部は血管が体表近くを通っているから冷やすにはもってこいの場所だ。おでこにタオルを乗せる今までのやり方を否定するつもりは無い。「でも最近の傾向は即効性のあるやり方としてこの首周り、脇、そして鼠蹊部のどこか、全部でも構わない、そこを冷やせば体温は瞬く間に下がると言う。
今回の連れのようになりたくないから私も冷蔵庫の中には保冷剤と一緒に凍らせたタオルを入れている、コレを風呂上がりに使うと何と気持ちが良いんだろう。
まだまだ暑い日が続きますが家の中に居ても熱中症の危険が潜んでいることをまざまざと思い知らされた先週の話だった。

ページの先頭へ