2019年09月06日

本当にあった嘘のような話

朝一に新患さんが来た。
差し歯が取れて前歯だからマスクをして来られた。
保険証を持たずに来られて自費だと説明したら一瞬どうしようかと迷われているみたいだった。本来は自費診療になるところだが次回、(今月中)に来て貰えば差額の返金をすると言ったら安心されたみたいだ。
私も含めて普段に保険証など持ち歩かないのではないか、でももしも緊急な場合の事を考えたら普段から身分証明のためにも持っていた方がより安心だろう。
私の場合は免許証を常に携帯しているが保険証などは病院に行く時くらいしか持たない。継続して通院する場合は月初めに確認のために持って行くが。
他にマイナンバーやパスポートが身分証明には役に立つが常々そんなものを持ち歩いている人などほぼ無いのではないか。となると余程の緊急時はどうするんだろうと心配になって来た。銀行に行っても(私は何年も行っていないが)本人確認のための云々、身分証明なしでは何にも出来ない。何年か前に一度銀行に判子の変更に言った時、新しい判子と古い判子を持って行った。そして身分証明のための免許証を。
横でお年寄りが同じように通帳を無くして新しく作り変えているところだった。免許証は無いパスポートも無い身分を証明できるものと言えば保険証だけだった。受付で何度も上司か誰かと話している受付の女の子が困った顔でそのお年寄りに言っていた、何でも期限切れの保険証だったからだ。どこから来たのかは知らないがまた新しい保険証を持ってきてもらえるように言っていたがお年寄りにまたここまで出てこいはきつい話だ。でも本人確認をしないと新しく通帳を作れない。私のは30分弱で完了したがそのお年寄りはまだ受付カウンターで話をしていた。
結果はどうなったかは知らないが身分証明って面倒なものだ。
当医院でも昔、治療に来られた人が保険証を見せてカルテを作って診療をしたが半年後位に同じ会社の人が治療に来られて新患で保険証を出された。しかしすでにもう当医院のカルテには登録済みだった。よくよく調べて見たら同じ会社の人が勝手にその人の保険証を使い成りすましで受診していた。その時はもうすでに会社を辞めていて本人は居なかったが保険証が残ったままでその人も被害者だった。
結局は最終的にはどうなったのかは知らないが訴訟になったのかもしれない。
保険証に顔写真は無いから同じような年格好の方ならこちらも分らない。
本当にあった嘘のような話だ。皆さんもくれぐれもご注意ください。

ページの先頭へ