2019年09月13日

あ~あどうしたものか・・・

毎日のニュースで未だに千葉県の一部の地域の停電が大きく報道されている。
病院や高齢者施設に電気が行かないと言うことは、冷房のない部屋の中で一日過ごすようなもの。熱中症になってくださいと言っているようなものだ。自然災害はこうした二次的な災害まで引き起こす。電気と言うものが如何に大事か、当たり前の様にしていたが今の世の中電気が無くては何もできない社会になってしまっていることに今回の台風で思い知らされた。昨日も言ったが高層階の住民はエレベーター無しでは下に降りる事も上に上がることもできない。宅配便の人にとってもモノを運ぶと言うことがこれほど大変なことだと昨年の大阪の台風で分ったはずだが余りそこは教訓とされていなかったようだ。新聞記事でガソリンスタンドの給油が出来ないと言った記事の中で手動でのポンプのくみ上げの話が出ていた。手動と言ってもポンプを回すのに自転車の車輪の回転を利用すると言うものでそこに救世主が現れた。競輪選手が一肌脱いでくれたと言うニュース。普通の人の倍以上の勢いで車輪を回して給油してくれたおかげでお客さんは助かるし競輪選手は練習にもなる一挙両得な話だった。
出来る事を出来る人がする、当たり前の話だがそれがなかなか出来ない。
自分なら何が出来るかを考える前に動いたこの選手に拍手を送りたい。
話は変わるが、昨日もウチの他の業者が来月から消費税アップのお知らせと言う紙が回ってきた。でも今回は前回に比べて駆け込みの買い占めは少ないらしい。
そう言えば当医院も消費税アップ前の買い物はしなくていいと女の子にしておいた。税が上がっても余計なものまで買う必要があるのか、そう考えたら向こうの思う壺にはまりかねない。逆にこんな丁度良いチャンスか必要のない買い物を一掃する絶好のチャンスになって欲しいものだ。でもよくよく考えてみたら軽減税率の食品何かは据え置きであるから日常の買い物にあまり変わりはない。
いつも言うがウチだけが税率アップであるわけがない、皆がアップしていると言うことはさ程気にする必要が無いと言うことに考えようとしている。
ただ私個人は超現金主義だからカード払いなど夢のまた夢。多分世の中の最後の一人になるまでカード人間にはならないだろう。それは今だに内容をよく理解していないからに他ならない。今さら女の子に聞くのも何だし。かと言って使う使わないで明らかに損得が出るのも納得がいかない。あ~あどうしたものか・・・

ページの先頭へ