2019年09月20日

頑張れ日本 あの感動をもう一度

今日からワールドカップのラグビーが始まる。
前回大会の南アフリカ戦の世紀の大逆転は記憶に新しい。
あれからもうラグビー熱は些かも衰えることなく今回の大会に引き継がれている。
日本のチームにも外国の選手が沢山いるが何年か日本に住んでいたり所属チームがあったりすれば日本の代表になれると言うルールがある。
今回は予選を通過できるかどうかが大きな話題になっているがその先を見据えてもっと高みを目指してほしいものだ。
男と男が合いまみえる肉弾戦。その迫力がいかに凄いか今回も見どころだ。
私の母校の中学校にもラグビー部があった。あったと言うのは入学時に野球部が一番人気、グランドを使う競技で野球とラグビーがほぼ全面を使用していた。その当時サッカー熱が増してきてサッカー部を作るのに変わりに何か他の部を廃部しなければならなかった。投票の結果、僅差ながらラグビー部の廃部が決定した。
その当時は生徒数も少なくいくつか掛け持ちも出来た。野球部に所属しながらサッカー部の試合にも出れたし、陸上部の試合にも出れた。
個人競技は個人の成績が全て、でも団体競技は個人では味わえない緊張感と喜びがある。自分の成績で負けたとなると凹み方が半端ない。逆に自分が最後に出て試合に勝てば美味しい所を一気に持って行くこともできる。
どちらにせよ勝負は勝たねばならない。中学時代なんかは明らかに勝ち負けは分るがワールドクラスになればなるほど力の差はよりわかる。しかしそこに逆転劇と言う神様の見落としがあるから面白い。
こんなにも実力差があってもどこまで食らいつくか、どこまで勝利にどん欲に食らいつくかを見るのが観戦していて面白い。
先日の南アフリカとの前哨戦では力の差は歴然だった。だから本戦はだめかというとそうではない。世紀の云々と言われた前回の戦いをもう一度思い出して戦って貰いたいものだ。
暫くはラグビーラグビーと煩く言うかもしれないが、御辛抱ください。

ページの先頭へ