2019年09月24日

皆さんそうは思いませんか・・・

昨日、千葉県の被災住宅の映像が映し出されていた。
昨年から雨の被害が多くなって雨漏りなどの映像も沢山映し出されている。
その雨漏りから発生するカビが天井と言わず壁と言わず一面に覆う映像にはただ驚きを感じえない。日本の住宅は昔から木造建築と決まっていたが洋風住宅が出だしては嵌め込み式の住宅が増えた。そのおかげで工期が極端に短くなって便利になった。しかしまたそのせいで瓦職人がどんと減ってしまった。昨年の関西地方を襲った台風の時も足場が足らない瓦が足らないと大騒ぎだった。
ブルーシートはその場の一時凌ぎでしかない。大雨が降ったり台風並みの風が吹けばひとたまりもない。昨日のニュースでも県の対応の遅さが指摘されているが、コメンテーターの人の発言でも同じ事を言う人が居た。言うのは簡単だが停電が解消されたと言っても実際に電気が家庭まで通じないことには停電と一緒だ。
そして通電火災も幾つも報告されている。罹災証明の発行でも写真が揃わないとダメ、順番待ちが1年以上かかるとか。日本と言う国こんなに軟だったのか。
隣の県では普通に生活が出来ているのにその県では電気も水道も未だに普及していない。天災だから誰にも文句は言えないのは百も承知だがせめて国からの早急な援助を期待して誰が文句を言えようか。海外から何万人もの外国の人がワールドカップラグビーを観戦に来日しているがそれどころでは無い地域はまだまだある。
そしてこれからボランティアの活躍が連日映し出されるだろう。スーパーボランティアのあの有名なお方もさぞかし忙しくされていることだろう。
こうもあちらこちらに災害が起こっては身体が一つの身ではどうしようもないだろう。
自分の身は自分で守る、こんな当たり前の事がなかなか出来ない。
誰かのお世話にはなりたくないと言っても自分一人ではどうしようもない事も沢山ある。明日は我が身と自分で出来る事は人様の迷惑にならないように日頃からやっておかなければならない。そう言えば我が家も備蓄の水も非常食もこの夏に食べて処分してしまった。10月から消費税が10%になる前にあと1週間で何とかしないといけない。コレだけ税金が上がっても福祉に回すとか言うが災害時には回って来ないのか。それも可笑しな話だと思う。皆さんそうは思いませんか。

ページの先頭へ