2019年09月30日

寝不足の心配は無い

土曜日のワールドカップラグビーは久しぶりに痺れた試合だった。
前回の南ア戦も最後の最後まで痺れてしまったが今回は前回同様格上の相手でまさか勝てるとは、誰もがそう思っていなかっただろう。しかし日本は全員ラグビーでその格上相手に善戦が良い所だろうと思われた。しかし後半は1点も相手に与えることなく戦い抜いたのは誰かが言っていたが前回の勝利がフロックではない事を証明できたと。
確かに相手にとっても開催国との戦いは完全アウェイの戦いだろうがそれでもその分を差し引いてもまさか負けるとは思ってもいなかっただろう。それが前半の終盤に「ちょっと、おかしいぞ」位の気持ちにさせて後半一気に逆転した。そこに相手チームは調子を崩されたのだろう。
海外の今回の反応は驚きは無かった。ある国の報道では「日本は勝つべき事をやって勝った」とか「これで前回の勝利がフロックでは無かった事を証明できた」と書きたてた。
わが国ではサッカーほどメジャーではないが世界中でこれだけの人が注目している国際試合は無いと思う。よく言われることだが身体が大きい人が勝つ、力の強い人が勝つでは勝負の面白さは無い。相撲でも大きい人を小さい人が打ち負かすから面白いのであってハンデがあるわけではないがチーム力と言う日本独特の組織力でこれからもどんどん勝ち進んで言って欲しいものだ。
でもこれから上に勝ち進んでいくとどのチームも日本の見方が変わって来てそれだけマークもきつくなる。それでも勝ち進んでいってくれることを願ってやまない。
2勝したからと言って必ず決勝リーグに勝ち上がれるわけではない。今朝の新聞でもこの後の2戦が大事だと書いてあった。前回も3勝しながら決勝リーグに進めなかった経験がそう言わせるのだろう。
嘗ての記憶だが対戦相手に100対0とかそれに近い大敗をして新聞紙上で「歴史的大敗」なんて書かれたこともあった日本のラグビーが世界が注目するようになろうとは誰が予測しただろう。
ラグビーは激しいスポーツと言った思われ方をしているがそれに打ち勝つ体力を作り上げた桜のユニフォームの選手たちは誇らしく思える。
俄かファンが多く出てきたことは言うまでも無いがそれでも構わない。
今までサッカーばかり応援していた私の周りの人達もいつの間にかこんなラグビーの虜になって行く姿は心地よいものだ。
でも何よりラグビーの魅力の一つに「ノーサイド」と言う終わり方がある。
試合中が敵味方だが試合が終われば相手をリスペクトする姿勢はこれからももっと浸透してほしいと思う。テレビでは試合会場の周辺での様子が映っていたが敵味方関係なくビールを飲み干す姿にラグビーの良さを感じた。でも羽目を外すのもほどほどにしないと醜態をさらけ出しては何をか況やだ。
選手もサポーターも大会関係者もそしてテレビの前の我々もより良い試合を期待している。でも日本開催で良かったのは夜中に放映がない事だ。これなら寝不足にならなくて済む。

ページの先頭へ